カテゴリー:市原版

  • カガミで古墳時代の人々の心を探る

    カガミで古墳時代の人々の心を探る 11月24日(日)まで、袖ケ浦市郷土博物館で秋の企画展『上総の古鏡―カガミが語る古墳時代の心と形』が開催されている。日本の古墳時代を代表する出土遺物に銅鏡があるが、全国的に約500…
  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.21 大野達生(センター・ライト)(写真右) 國學院大學久我 山中学校2年 「小学校の時から野球が好きで、少年野球のチームに入りたかったけれど、中…
  • 体協通信 エンジョイレディーステニストーナメント2013

    体協通信 ~市制施行50周年・体育協会設立50周年記念~ エンジョイレディーステニストーナメント2013 公益財団法人市原市体育協会  10月3日(木)、臨海第2庭球場にて、~市制施行50周年・体育協会設立5…
  • 第二の人生、中小企業支援に情熱をかける

    第二の人生、中小企業支援に情熱をかける 大手企業退職者が長年、企業戦士として培った経営力や専門技術、ノウハウを活用して中小企業を支援しようと平成16年に千葉県庁商工労働部の支援を得て立ち上げた特定非営利活動法人NP…
  • ジェフユナイテッド レジェンドスターズvsヴェルディレジェンドスターズ開催!!

    市制施行50周年記念マッチ ジェフユナイテッド レジェンドスターズvsヴェルディレジェンドスターズ開催!!  市原市市制施行50周年を記念し、Jリーグ発足から今日まで、Jリーグを支えているジェフユナイテッドレジェ…
  • キューピーを集めて10年

    キューピーを集めて10年 高山 定子さん(市原市犬成)  お土産でもらったキューピーの可愛らしさに惹かれて集め始めたと、高山定子さん。今年6月に、市原市辰巳台のギャラリー四季でキューピーコレクション展を開いた。 …
  • いちはらアート×ミックス通信

    中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス通信 本郷に菜の花の種を蒔きました  9月28日の土曜日に、本郷の空き地に菜の花の種を蒔きました。この場所は、8月の終わりに地域の方々とサポーターと一緒に草刈りや竹の…
  • 「絵を描くのは楽しいから。自分の焼いたお菓子を美味しいと言ってもらえると幸せ」

    「絵を描くのは楽しいから。自分の焼いたお菓子を美味しいと言ってもらえると幸せ」 佐野 昌子さん(市原市在住)  10月中旬、市原市にある障がい者の福祉作業所『シーモック』に通う市内青葉台在住の佐野昌子さん(28)…
  • 西広の花畑

     夏はヒマワリが来訪者や近隣の人たちの目を楽しませた。このあとは隣の休耕田に菜の花の種を蒔く予定。この活動をしている地元の有志『西広環境保全会』によると、「そばの花は10月初旬頃が見頃」とのこと。来年は是非お見逃しなく。…
  • ふるさとビジター館

    ふるさとビジター館 不思議な産卵をするトンボ オオアオイトトンボ  秋遅くまで飛び回るオオアオイトトンボ。緑色の金属光沢があり、日光に当たるとキラキラと美しく輝くトンボです。体長は、40から50ミリと一般のイト…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る