カテゴリー:市原版

  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.16 藤原裕介(キャッチャー・ファースト)(写真右) 八幡中学校2年 「レベルが高いポニーに入り上手くなりたいと思いました。ポニーに入って体力はつ…
  • 楽しむことから生まれる、洗練された感性と繊細な技術

    楽しむことから生まれる、洗練された感性と繊細な技術 彫金・七宝作家 木下 喜代美さん …
  • ボクシングエクササイズ

    ボクシングエクササイズ その名も『ボクシェイプ』で心身スッキリ!  9月5日(木)、五井公民館で『ボクシェイプ』講座が開かれた。講師はスポーツインストラクターの鈴木将徒さん。『ボクシェイプ』とは鈴木さんが編み出…
  • シニア世代のスマホ体験レポート

    シニア世代のスマホ体験レポート  9月3日(火)、シニア向け講座(60歳以上)『スマホを楽しむ』(五井公民館主催)が開催されスマホ(高機能携帯電話)の基礎知識や活用法などを24名が学んだ。当日は各受講者にスマホが1…
  • 季節のスケッチ

    季節のスケッチ 俳画と文 松下佳紀 空にはいつも雲がある。地球を取り囲む大気と共に雲のない日はない。雲は気象条件や季節により様々な色や形になる。そうして大昔から地球という星を彩ってきた▼浮雲といえば誰もが青い空に…
  • 美容師人生に悔いなし

    美容師人生に悔いなし 高滝神社の花嫁祭りを支える 鮎貝 たけ子さん  長年、社会に尽くしてきたお年寄りを敬い、感謝する敬老の日がまもなくやってくる。「元気で長生きしている95歳の母を見習いたい」と話し、生涯現役…
  • ボンズ市原FC 全国社会人大会出場!3位内を目指しJFLへ

    ボンズ市原FC 支援してくれる皆様のためにも勝ち進んで市原市を全国にPRしたい 全国社会人大会出場!3位内を目指しJFLへ  2011年に発足したサッカー市民球団『ボンズ市原FC』。わずか2年余りで県サッカーリ…
  • 『縄文土器』と『蛇』

    『縄文土器』と『蛇』  円筒に油彩で描かれた妖艶で巨大な蛇は見るものを圧倒する。10月14日(祝)まで市原市養老渓谷のギャラリー『アートハウスあそうばらの谷』で『白井忠俊展ータツハシラー』が開催されている。『タツハ…
  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.15 成清 龍之介(ライト)(写真右) 八幡中学校2年 「ポニーへは体験で来て、とても楽しかったので入りました。それまでは漠然とやっていた練習も、…
  • 房総往来

    房総往来 山里 吾郎  今年の夏は記録的な暑さだった。猛暑、酷暑、炎暑…。いろいろ表現はされるが、年を追うごとに過酷さを加えていることに間違いはない。温暖化はすでに退っ引きならないところまできているのか、いつまで…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る