カテゴリー:市原版

  • 水滴を通して、

    水滴を通して、身近なところに美しいものがあることに気づいてほしい  市原市役所近くのいちはら市民ネットワーク アートギャラリーにて、4月1日から26日まで『山本誠写真展~水の煌き』が開催される。  山本誠さん(6…
  • 25年間、土器作りを楽しむ

    25年間、土器作りを楽しむ  「そではく」と地元の皆さんから親しまれている袖ケ浦市郷土博物館を拠点に活動している博物館友の会。『仏像を学ぶ会』、『何でも有り会』、『凧の会』、『土器作りの会』があり、今回は土器作りの…
  • ふるさとビジター館

    ふるさとビジター館 春を告げるチョウ ツマキチョウ  房総の里山で、「春真っ先に飛翔」するツマキチョウ。3月下旬頃から、まだ枯れ草が繁る殺風景な里山を、可憐にヒラヒラと舞う。生き物の息吹がさほど感じられない静寂…
  • 育てる 育つ

    育てる 育つ 遠山あき  七十一歳になる娘から誕生祝いの絵手紙が届いた。九十五年も前の遠い遠い私の誕生日である。 「転んでも転んでも立ち上がれる娘に育ててくれてありがとう」 そして赤いダルマさんの絵が描いてあ…
  • 音楽は国境を越える

    音楽は国境を越える 自分にしか出せない音を求めて チェリスト 上村 文乃さん  市原市ちはら台出身のチェロ奏者である上村文乃さんは22歳。現在桐朋学園大学ソリストディプロマコースの4年生で、この春卒業を迎え新たな…
  • 認知症について正しく学ぼう

    認知症について正しく学ぼう  厚生労働省が「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」として実施している『認知症サポーターキャラバン』のキャラバンメイトが講師をつとめる『認知症サポーター養成講座』が2月21日、市立五井…
  • 乳製品を使ったヘルシー和食を作ろう!

    乳製品を使ったヘルシー和食を作ろう!  2月23日(土)、南総公民館主催事業『ヘルシーキッチン』が行われ24名が参加した。今回は牛乳・チーズなどの乳製品を使った健康料理の和食。始めに森永乳業料理教室講師の野島美代子…
  • 『葉っぱやガーデン』全国に発信!

    水耕栽培キット 『葉っぱやガーデン』全国に発信!  ブーケレタスで有名な市原市海士有木の青果卸売業(有)『葉っぱや』で販売中の『葉っぱやガーデン』が、このたび『千葉ものづくり認定製品』に認定された。同認定は、千葉…
  • 春を告げる放春花(ぼけ)の世界へ

    春を告げる放春花(ぼけ)の世界へ  3月24日(日)まで、市原市海士有木にある(297号沿い)永野園内展示場で、毎年恒例の『ぼけ(放春花)展』が開催されている。  永野園友の会(松本末吉会長)会員の盆栽仕立てのぼ…
  • 身近な自然を感じてみよう

    身近な自然を感じてみよう 「暑い夏の日、目の前に突然舞いおりてきたオオムラサキ。くねくね峠に棲むヒキガエル。帽子を落としたことを教えてくれたコナラの木」市原市瀬又在住の田頭芳樹さん(48)が近所の自然の中で出会い…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る