カテゴリー:市原版

  • デフリンピックを広めたい

    デフリンピックを広めたい 砂浜の練習が私を強くしてくれた 元デフビーチバレー選手 會本 聡子さん  健康的に日に焼けた肌を持ち、はにかむような笑顔を浮かべるのは會本聡子さん(30)。2012年トルコで開催された…
  • カモメ通信

    カモメ通信 チケットプレゼント QVCマリン名物の打ち上げ花火をグラウンドから見よう! ◆花火ツアー 打ち上げ花火開催時には大人気企画の「花火ツアー」を開催!QVCマリン名物の打ち上げ花火をグラウンドから見る…
  • 房総往来

    房総往来 山里 吾郎  まだ新緑がまぶしかった5月に鴨川市を訪れる機会があった。風光明媚で知られる房州の中でも陽光の輝きがひときわ強く、常に再訪を渇望させる地の一つ。古今、海の青、山の緑に魅せられた文人墨客も多い…
  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.9 山本開稜(レフト)(写真右) 双葉中学校3年 「兄がポニーにいたこともあり、1年前に別のチームから移りました。練習内容もしっかりしてるし、指導…
  • ふるさとビジター館

    ふるさとビジター館 有用な嫌われものクズ  暑いさなか、空地の草刈りが行われていた。刈られた後に通り過ぎると、風の吹き抜ける爽快感がある。風を遮っていたのは、皆から嫌われるクズの大きな葉であった。  クズは、山…
  • みんなで子育て

    みんなで子育て 好奇心の行方 松山知子  子どもと一緒にいて、それまで見過ごしていたようなことに、「わー、すごい!何これ?」とか「どうして?」と驚いたり、感心したりすることって結構ありませんか? 水遊びの時の虹、…
  • 大学の施設を使い生涯スポーツを

    大学の施設を使い生涯スポーツを 『帝京平成スポーツアカデミー』スタート  市原市にある帝京平成大学『千葉キャンパス(うるいど南)』とちはら台の『ちはら台キャンパス(ちはら台)』において、5月から総合地域型スポーツ…
  • 涼を呼ぶ夏の陶芸作品

    涼を呼ぶ夏の陶芸作品  6月下旬から7月初めにかけて、市内のギャラリー風の舎で『平山窯展』が開催された。市原南部にある平三小学校地域陶芸サークルの皆さんの作品展。  定番の食器やカップ、湯飲みなど個性あふれる作品…
  • 唯一の女子部員、チャンピオンになる

    唯一の女子部員、チャンピオンになる 全日本アマチュアボクシング選手権2連覇小倉 真由美さん 「ボクシングは他のスポーツにはない達成感がある。普段は自分を鍛錬し、試合では冷静さを失わずに相手と戦う。身体も精神も鍛…
  • 祝!東小ツインズ全国大会出場

    祝!東小ツインズ全国大会出場  国分寺台東小学校を拠点として活動している小学生女子ソフトボールチーム『東小ツインズ』が第27回全日本小学生ソフトボール大会・第30回関東小学生ソフトボール大会の千葉県予選会で全試合完…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る