カテゴリー:市原版

  • 子どもたちを見守り続ける

    子どもたちを見守り続ける  6月2日(日)、市原市民会館大会議室で『講演会 児童福祉に携わって40年』(市原市男女共同参画の会主催)が行われた。まずは、講師の『児童養護施設 平和園』元理事星鏡子さんから36年間勤め…
  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.8 大野敦也(ライト)(写真右) 姉崎中学校3年 「高校での硬式に慣れるため、ポニーに入りました。ポニーに入り、野球だけでなく、挨拶や返事、礼儀など…
  • 個性あふれるメガネケース!

    個性あふれるメガネケース!  6月6日(木)、南総公民館主催事業『レザークラフト メガネケース作り』が行われ18名が参加した。レザークラフト講師の秋山理恵子さんから黒板に書かれた手順の説明を受けた後、参加者はまず霧…
  • 市原スポレクパークに公用車贈呈される

    市原スポレクパークに公用車贈呈される  6月19日(水)、市原スポレクパーク(市原市菊間)に「公用車に使ってください」と、千葉市若葉区の(有)美匠塗装(宮当勝義代表取締役)より軽ワゴン車が寄贈された。  贈呈式に…
  • しゃべる機械

    しゃべる機械 文と絵 山口高弘  自動販売機でジュースを買おうとした時でした。「お疲れさま。商品を選んでね」。女の人の声で自動販売機が喋りました。びっくりした。急に言われたけれど、ねぎらいの言葉なら機械の声でも嬉…
  • 市原ポニーベースボールクラブ

    市原ポニーベースボールクラブ 球児インタビュー vol.7 飯田啓太 (ピッチャー)(写真右) 千葉市立生浜中学校3年 「先輩がポニーにいて硬式をやりたかったので入りました。ポニーでは1年生大会から1番…
  • 市原市、加茂学園などに700万円

    市原市、加茂学園などに700万円 故杉田守康県議の遺族  5月6日に死去した千葉県議会議員、杉田守康氏の遺族がこのほど香典の一部から700万円を市原市の社会福祉をはじめ市内初の小中一貫教育校・加茂学園、高滝神社に…
  • ドジョウのヒゲは何本?

    ドジョウのヒゲは何本?  多くの生き物を育む水の大切さに気づいてほしいと『水辺の観察会』(市原市環境監視センター主催)が6月8日に開かれた。講師は『市原トンボ池の会』の会員4人。参加した大人12人と小学生7人に同セ…
  • ゲートボールをいま思う

    体協通信 vol.45 ゲートボールをいま思う 市原市ゲートボール協会  戦後の混乱いまだ収まらざる昭和22年、北海道の住人の手により、当時遊具も持たない子供たちのためにと発案されたゲートボールは、道内の学校関…
  • いちはらArt×Mix 通信 vol.8

    いちはらArt×Mix 通信 vol.8 「いちはらアート×ミックス」企画概要と「市原湖畔美術館」開館の発表会を開催  5月29日に東京駅前のJPタワーにおいて「中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス企画概要/…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る