カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • 太陽が消えた黄砂の大都会

    太陽が消えた黄砂の大都会 俳画と文 松下佳紀 黄砂は中国大陸の砂塵が季節風により吹き上げられ、日本に飛来してきたものだ。空は黄濁し、万物に降りかかる。私は若い頃、太陽が消え、人の群れやビルがかすむ息苦しいほどの黄…
  • 市原ポニーベースボールクラブ 新入団選手説明会

    市原ポニーベースボールクラブ 新入団選手説明会 過去最多数入団 ~まだ間に合う 来たれ球児!  3月30日、市原臨海球場(※4月1日からゼットエーボールパーク)で中学生硬式野球クラブ『市原ポニーベースボールクラブ…
  • 市原市市制施行50周年記念「市原市の50年」第4回

    市原市市制施行50周年記念「市原市の50年」第4回 1993~2002年編  市原の50年を振り返る第3回。今号は平成5年~平成14年です。市制30周年を機会として、「活力に満ちた豊かなまち市原」を目標に、市原の商業…
  • トレイルウォーキングで発見、感動、そして元気に

    トレイルウォーキングで発見、感動、そして元気に  童謡「月の沙漠」のイメージから御宿の海岸は砂浜だけだと思われがち。そこで御宿の魅力を再発見してもらおうと『NPO法人おんじゅくDE元気』では、地元の人も知らない自然…
  • 『フラワーソープ』作りに挑戦

    アロマの香り漂う『フラワーソープ』作りに挑戦  山武市では資源循環型社会の取り組みとして、バイオマス事業を推進している。市の30%が森林という山武市。かつては林業が盛んだったが、安い輸入木材や病気による木の立ち枯れ…
  • いちごの里さんむで苺一会

    いちごの里さんむで苺一会 『S1グランプリ』大盛況開催  春の訪れが感じられるようになった3月9日、山武市役所本庁舎前駐車場にて、いちご(Strawberry)の里さんむ(Sammu)でいちごスイーツ(Sweet…
  • 仲間と共に楽しむ!

    仲間と共に楽しむ! 「ここはどうやってやるの?」と施設などに届ける『くす玉』の作り方を楽しそうに教え合うメンバーたち。『なかよし会』は、市原市保健センターの地域保健推進員の理事を終えた会員の集まりで平成19年に発…
  • 『はばナイスデープロジェクト』で市原を有名に!

    『はばナイスデープロジェクト』で市原を有名に! 『はばのり』というと、若い人は知らないか、名前は知っているけれど食べたこと はないという人が大半では。はばのりは、日本各地の外洋に面した海岸でみられる海藻で、ひと昔…
  • 市制施行50周年記念 市原市の50年第3回

    市原市市制施行50周年記念「市原市の50年」 第3回【全6回】1983~1992年編 市原の50年を振り返る第3回。今号は昭和58年から平成4年です。市民重視のまちづくりを掲げ、施設や行政サービスをさらに拡充。同…
  • 全国大会出場に挑む

    全国大会出場に挑む 「おいっ」、「おーいっ」気合いの入った掛け声が響く柔道場。市立辰巳台中学校で3月現在1、2年生合わせて12名の柔道部員を率いるキャプテンは2年生の福澤樹くん(14)。177cm、120kgの大…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る