カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • うどん作りに挑戦

    うどん作りに挑戦  3月12日(火)、菊間コミュニティセンターで『うどん作り』講座が行われた。募集人数8名に30名の応募。当選した幸運者は60~70代の男女。以前開かれた、『そば打ち講座』への参加者もいたが、うどん…
  • 唐辛子の一連飾りを作ろう

    唐辛子の一連飾りを作ろう  3月14日(木)、菊間保健福祉センターで『唐辛子の一連飾り』講座が催された。募集人数を大きく上回る18名の応募だったが、期待に応えて全員当選となる人気ぶり。唐辛子には娘に虫がつかないよう…
  • 春先取り!大多喜の里山を歩く

    春先取り!大多喜の里山を歩く ~滝、隠れ里、犬岩、巣堀のトンネル~  3月中旬、大網白里市の『自然観察会やまぼうし』主催(上田弘子代表)ウオーキングに同行取材した。朝から強い南風の吹き荒れた1日だったが、山あいを…
  • 晩春の長南町を散策しよう!

    晩春の長南町を散策しよう! ~野見金公園で4月中旬には遅咲きの桜、6月には紫陽花鑑賞を~  3月23日(土)、長南町で開催された『町民ウオーキング大会』(長南町体育協会主催)に同行取材した。同大会は今年で10回目…
  • 珍しいキノコ発見!

    珍しいキノコ発見! 大網白里町ウォーキング会会長自然観察会やまぼうし主催 上田 弘子さん(大網白里市)  昨年秋の自然観察会で館山市の海岸に出かけ、海浜植物の中に見慣れない植物?を見つけました。調べたところ、キ…
  • 市制施行50周年記念 市原市の50年第2回

    市原市市制施行50周年記念「市原市の50年」 第2回【全6回】1973~1982年編 市原の50年を振り返る第2回。今号は昭和48年から57年です。大規模開発から暮らしやすさや環境重視へ。市民の要望とともに施策に…
  • 市原・大俵の一本桜、今春初公開!

    市原・大俵の一本桜、今春初公開! <案内人> 一本桜愛好家 谷垣 敬次郎さん  春うらら、暖かい日が続いた今年は桜が咲くのも早いよう。お花見情報も気になるこの時期、今まで地元の限られた人しか知らなかった一本桜をご…
  • 毎日の暮らしが楽しくなる器を

    毎日の暮らしが楽しくなる器を  暮らしの中で大きなイベントや変化がなくても、普段使っているカップやお皿などを変えてみると心が弾んだことあるのでは。そんな日常生活に彩りを与えてくれる器を作っているのが、いすみ市大原在…
  • 市制施行50周年特集 市原市の50年

     今年、市原市は市制施行50周年を迎えます。静かな農村・漁村から工業と住宅都市へ。その半世紀の歩みを、5回に渡って振り返ります。第1回の今号は、市制施行された昭和38年から47年です。 ■昭和38年(1963年) …
  • 季節のスケッチ

    季節のスケッチ 野遊びの我ら直立歩行族 俳画と文 松下佳紀 春の季語「野遊び」とは、寒い冬から解放された我々が春の到来と共に野山に出かけ遊び興じることだ。春風は心地よく、自然の中を歩くだけで楽しい。健康のため歩け…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る