カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • ふるさとビジター館 いちはら自然探訪(94)

    冬に渡ってくるカラス!!ミヤマガラス、コクマルガラス  カラスは誰もが知っている野鳥である。嘴が太く額が出っ張り、「カーカー」と濁らず鳴くのがハシブトガラス。嘴が細めで額がなだらか、「ガーガー」と濁るのがハシボソガラス…
  • 深めよう防災意識と人の絆 ~白金防災トランプ~

    2011年に起きた東日本大震災以降、各地で防災への意識は高まっている。「ぐらぐらと/揺れたらすぐに/机の下」、「緊急時/大切なのは/近所の輪」、「避難場所/白金小だよ/忘れずに!」市原市君塚にある市立白金小学校(児童数3…
  • 市原にご当地アイドルが誕生! あなたの推しメンは?

    2012年8月、いちはらFMが主催する『いちはらPRプロジェクト』の一環として市原にご当地アイドルが誕生した。『Tree Angel(ツリーエンジェル)・COSMIC11(コズミックイレブン)』と名付けられた2ユニットの…
  • 連載No.75 新旧

     時間が過ぎるのも、時代の移り変わりも、早い。知らない横文字が年々増えていくし、思い出の飲食店は、今は駐車場になってしまいました。 久しぶりに集まった友人たちとの宴席で、携帯電話の話になりました。新旧の変化が著しい携帯…
  • スポーツ指導者表彰なぎなたで高澤さん

    市内でなぎなたの講師を約19年行っている高澤酉子さん(79)。昨年12月、平成24年度の『公益財団法人日本体育協会公認スポーツ指導者等表彰』を授与された。この表彰は永年にわたり、スポーツ指導や競技力向上などで…
  • 次世代の防犯ボランティア隊

    1月10日(木)、五井会館(大ホール)で『SAVE in 市原』衣装貸与式(市原市主催)が行われ、市原市長、市原警察署長、各学校長等の関係者、学生ら59名が参加した。現在、市原市では自主防犯組織の高齢化や後継者不足など『…
  • 私の健康法 : ナルシストのすすめ 

    ナルシストのすすめ  私の健康法は、はっきりいってナルシストになることです。自分が教えている学生にも「ナルシストになれ!」とよく言います。ナルシストとは、悪い意味で捉えられることが多いですが、よく言えば、「自分が大…
  • 『いきもの いっぱい 田んぼ』で完全無農薬の米栽培に成功!

     『いきもの いっぱい 田んぼ』で完全無農薬の米栽培に成功! 有機農産物やオーガニック。環境問題を考慮した食物の販売に注目が集まるようになって随分経つ。田畑の肥料を化学合成農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料など土壌の…
  • サポーターを含めて全員でサッカーを楽しみ J1昇格を勝ち取る!

    いよいよ2013シーズンのジェフの全容が明らかになり、1月16日に新体制記者発表会が行われた。その内容を振り返ろう 新体制記者発表会には鈴木淳監督をはじめとするコーチングスタッフ、清水エスパルスからの加入となったGK碓…
  • 気軽に挑戦!!市原市綱引連盟

    今回、皆様がよくご存知の綱引きについてご紹介をさせていただきます。 綱引きはかつてオリンピック種目であったことはご存知でしょうか。1900年第2回パリ大会から1920年第7回アントワープ大会まで、アスレチック競技(陸上…

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る