市原ポニーベースボールクラブ 2013年度関東連盟春季大会1年生の部で優勝

「大好きな野球がもっと上手くなりたい」、「試合にいっぱい出たい」、「基礎からしっかり教えてもらいたい」、「高校でも野球をやりたいから、早く硬式に慣れたい」、「強いチームに入りたかった」という理由で入団する少年が多い『市原ポニーベースボールクラブ(以降市原ポニーと略)』。
 実際に入ってみて「練習は厳しいけれど、指導者が多く、丁寧に教えてもらえる」、「礼儀作法が身に付いた」、「学校以外の友達ができた」という感想がよく聞かれ、最も多いのは「試合が多いので、出る機会が多くてやり甲斐がある」という声。
 それは市原ポニーは1チーム制でなく、部員の人数に応じて複数のチームを編成しているから。学年は関係なく、その時の実力やコンディション等でトップチームのAチームからCチームに選別される。これもまた野球少年の競争心をそそるらしく「早く上のチームに上がりたい!」と練習にも熱が入る。
 そんな中、学年別の大会が開かれ、「同じ1年生に負けものか」とライバル心を燃やすのが毎年開催されている『関東連盟春季大会』。同大会・1年生の部で市原ポニーは2013年度の同大会でみごと優勝を果たした。今回、最優秀選手賞に輝いた市原ポニーの瀬川高志選手(ピッチャー)は、「嬉しかったです。最優秀賞に選ばれたからには、この賞に恥ずかしくないプレーを今後もしていきたい」と話す。
 1年生チームの天野司監督は、「1年生にとってポニーに入り初めての公式戦。ここで優勝できたことは大きな励みになると同時に、これからの成長にもつながると思う。勝因は選手がのびのびとプレーし、持っている力を出せたからでは。皆、好きでやっている野球だから、楽しみながらも、活躍して勝つことに喜びを感じていると思う。私としては、恵まれた環境の中で、選手の光っているものを見つけてあげ、良いところを引き出し伸ばしてあげるよう心がけている」と語る。
 今季も部員募集中。1年生だけでなく2、3年生の入部も受け入れている。また、市外の部員も多数いる。練習は毎週(土)(日)(祝)8~17時まで八幡グランド等で。入団希望者、体験希望者は気軽に問い合わせを。

問合せ 事務局・那須さん
TEL 080・1248・0816

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る