市原ポニーベースボールクラブ 2013年度関東連盟春季大会1年生の部で優勝

「大好きな野球がもっと上手くなりたい」、「試合にいっぱい出たい」、「基礎からしっかり教えてもらいたい」、「高校でも野球をやりたいから、早く硬式に慣れたい」、「強いチームに入りたかった」という理由で入団する少年が多い『市原ポニーベースボールクラブ(以降市原ポニーと略)』。
 実際に入ってみて「練習は厳しいけれど、指導者が多く、丁寧に教えてもらえる」、「礼儀作法が身に付いた」、「学校以外の友達ができた」という感想がよく聞かれ、最も多いのは「試合が多いので、出る機会が多くてやり甲斐がある」という声。
 それは市原ポニーは1チーム制でなく、部員の人数に応じて複数のチームを編成しているから。学年は関係なく、その時の実力やコンディション等でトップチームのAチームからCチームに選別される。これもまた野球少年の競争心をそそるらしく「早く上のチームに上がりたい!」と練習にも熱が入る。
 そんな中、学年別の大会が開かれ、「同じ1年生に負けものか」とライバル心を燃やすのが毎年開催されている『関東連盟春季大会』。同大会・1年生の部で市原ポニーは2013年度の同大会でみごと優勝を果たした。今回、最優秀選手賞に輝いた市原ポニーの瀬川高志選手(ピッチャー)は、「嬉しかったです。最優秀賞に選ばれたからには、この賞に恥ずかしくないプレーを今後もしていきたい」と話す。
 1年生チームの天野司監督は、「1年生にとってポニーに入り初めての公式戦。ここで優勝できたことは大きな励みになると同時に、これからの成長にもつながると思う。勝因は選手がのびのびとプレーし、持っている力を出せたからでは。皆、好きでやっている野球だから、楽しみながらも、活躍して勝つことに喜びを感じていると思う。私としては、恵まれた環境の中で、選手の光っているものを見つけてあげ、良いところを引き出し伸ばしてあげるよう心がけている」と語る。
 今季も部員募集中。1年生だけでなく2、3年生の入部も受け入れている。また、市外の部員も多数いる。練習は毎週(土)(日)(祝)8~17時まで八幡グランド等で。入団希望者、体験希望者は気軽に問い合わせを。

問合せ 事務局・那須さん
TEL 080・1248・0816

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る