市原ポニーベースボールクラブ 2013年度関東連盟春季大会1年生の部で優勝

「大好きな野球がもっと上手くなりたい」、「試合にいっぱい出たい」、「基礎からしっかり教えてもらいたい」、「高校でも野球をやりたいから、早く硬式に慣れたい」、「強いチームに入りたかった」という理由で入団する少年が多い『市原ポニーベースボールクラブ(以降市原ポニーと略)』。
 実際に入ってみて「練習は厳しいけれど、指導者が多く、丁寧に教えてもらえる」、「礼儀作法が身に付いた」、「学校以外の友達ができた」という感想がよく聞かれ、最も多いのは「試合が多いので、出る機会が多くてやり甲斐がある」という声。
 それは市原ポニーは1チーム制でなく、部員の人数に応じて複数のチームを編成しているから。学年は関係なく、その時の実力やコンディション等でトップチームのAチームからCチームに選別される。これもまた野球少年の競争心をそそるらしく「早く上のチームに上がりたい!」と練習にも熱が入る。
 そんな中、学年別の大会が開かれ、「同じ1年生に負けものか」とライバル心を燃やすのが毎年開催されている『関東連盟春季大会』。同大会・1年生の部で市原ポニーは2013年度の同大会でみごと優勝を果たした。今回、最優秀選手賞に輝いた市原ポニーの瀬川高志選手(ピッチャー)は、「嬉しかったです。最優秀賞に選ばれたからには、この賞に恥ずかしくないプレーを今後もしていきたい」と話す。
 1年生チームの天野司監督は、「1年生にとってポニーに入り初めての公式戦。ここで優勝できたことは大きな励みになると同時に、これからの成長にもつながると思う。勝因は選手がのびのびとプレーし、持っている力を出せたからでは。皆、好きでやっている野球だから、楽しみながらも、活躍して勝つことに喜びを感じていると思う。私としては、恵まれた環境の中で、選手の光っているものを見つけてあげ、良いところを引き出し伸ばしてあげるよう心がけている」と語る。
 今季も部員募集中。1年生だけでなく2、3年生の入部も受け入れている。また、市外の部員も多数いる。練習は毎週(土)(日)(祝)8~17時まで八幡グランド等で。入団希望者、体験希望者は気軽に問い合わせを。

問合せ 事務局・那須さん
TEL 080・1248・0816

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る