市原ポニーベースボールクラブ 2013年度関東連盟春季大会1年生の部で優勝

「大好きな野球がもっと上手くなりたい」、「試合にいっぱい出たい」、「基礎からしっかり教えてもらいたい」、「高校でも野球をやりたいから、早く硬式に慣れたい」、「強いチームに入りたかった」という理由で入団する少年が多い『市原ポニーベースボールクラブ(以降市原ポニーと略)』。
 実際に入ってみて「練習は厳しいけれど、指導者が多く、丁寧に教えてもらえる」、「礼儀作法が身に付いた」、「学校以外の友達ができた」という感想がよく聞かれ、最も多いのは「試合が多いので、出る機会が多くてやり甲斐がある」という声。
 それは市原ポニーは1チーム制でなく、部員の人数に応じて複数のチームを編成しているから。学年は関係なく、その時の実力やコンディション等でトップチームのAチームからCチームに選別される。これもまた野球少年の競争心をそそるらしく「早く上のチームに上がりたい!」と練習にも熱が入る。
 そんな中、学年別の大会が開かれ、「同じ1年生に負けものか」とライバル心を燃やすのが毎年開催されている『関東連盟春季大会』。同大会・1年生の部で市原ポニーは2013年度の同大会でみごと優勝を果たした。今回、最優秀選手賞に輝いた市原ポニーの瀬川高志選手(ピッチャー)は、「嬉しかったです。最優秀賞に選ばれたからには、この賞に恥ずかしくないプレーを今後もしていきたい」と話す。
 1年生チームの天野司監督は、「1年生にとってポニーに入り初めての公式戦。ここで優勝できたことは大きな励みになると同時に、これからの成長にもつながると思う。勝因は選手がのびのびとプレーし、持っている力を出せたからでは。皆、好きでやっている野球だから、楽しみながらも、活躍して勝つことに喜びを感じていると思う。私としては、恵まれた環境の中で、選手の光っているものを見つけてあげ、良いところを引き出し伸ばしてあげるよう心がけている」と語る。
 今季も部員募集中。1年生だけでなく2、3年生の入部も受け入れている。また、市外の部員も多数いる。練習は毎週(土)(日)(祝)8~17時まで八幡グランド等で。入団希望者、体験希望者は気軽に問い合わせを。

問合せ 事務局・那須さん
TEL 080・1248・0816

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る