アツアツピザとほくほく焼き芋 どっちも食べる?

 中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックスの会場である月出工舎(旧月出小学校)では、毎週土日祝に『かまどの焼き芋販売&石窯ピザ焼き体験』が開催されている。「おいしさのポイントは、かまどで1時間ほどかけてじっくりと焼いていること。生だとでんぷん質であるサツマイモは時間をかけるほどでんぷんが糖に変化する」と話すのは、チョウハシトオルさん。神奈川県の大磯で知る人ぞ知る焼き芋屋さんだ。チョウハシさんの焼き芋は、スイートポテトのように甘くてしっとりと柔らかい。一度食べればやみつきになること必至だ。
 同時に行われているピザ体験にも、人が入れ替わり訪れる。出来上がっている生地を手でこねてから伸ばす作業に入るのだが、弾力が強いために麺棒で延ばすことも意外と難しい。体験者は、「クッキー生地みたいのを想像していたが全然違うね」、「みんな家でまだかなって待っているよ」など様々な声が飛ぶ。ピザ焼き体験に尽力する鈴木利二さんの、「フォークで中心に穴をあけて。周りが膨らんで、中心は薄くなるように刺す。あとはソースを塗って、チーズとトマトをのせて」という指示に順番に作業の手が進む。あとは石窯に生地を入れてから、2分ほどで完成。アツアツのピザを頬張る参加者からも「たまらなく美味しい」の声続出。「焼けていく瞬間を見られるのが嬉しい」のだとか。
 チョウハシさんは、「かまども石窯も、屋根であるドームもすべてが手作り。ふだん感じることのない光や風、熱と触れ合ってほしい」と語った。(松丸)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る