アツアツピザとほくほく焼き芋 どっちも食べる?

 中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックスの会場である月出工舎(旧月出小学校)では、毎週土日祝に『かまどの焼き芋販売&石窯ピザ焼き体験』が開催されている。「おいしさのポイントは、かまどで1時間ほどかけてじっくりと焼いていること。生だとでんぷん質であるサツマイモは時間をかけるほどでんぷんが糖に変化する」と話すのは、チョウハシトオルさん。神奈川県の大磯で知る人ぞ知る焼き芋屋さんだ。チョウハシさんの焼き芋は、スイートポテトのように甘くてしっとりと柔らかい。一度食べればやみつきになること必至だ。
 同時に行われているピザ体験にも、人が入れ替わり訪れる。出来上がっている生地を手でこねてから伸ばす作業に入るのだが、弾力が強いために麺棒で延ばすことも意外と難しい。体験者は、「クッキー生地みたいのを想像していたが全然違うね」、「みんな家でまだかなって待っているよ」など様々な声が飛ぶ。ピザ焼き体験に尽力する鈴木利二さんの、「フォークで中心に穴をあけて。周りが膨らんで、中心は薄くなるように刺す。あとはソースを塗って、チーズとトマトをのせて」という指示に順番に作業の手が進む。あとは石窯に生地を入れてから、2分ほどで完成。アツアツのピザを頬張る参加者からも「たまらなく美味しい」の声続出。「焼けていく瞬間を見られるのが嬉しい」のだとか。
 チョウハシさんは、「かまども石窯も、屋根であるドームもすべてが手作り。ふだん感じることのない光や風、熱と触れ合ってほしい」と語った。(松丸)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る