とびっきりおいしい、おにぎり

 思いきり身体を動かしたあとで食べるおにぎりは最高だ。いちはらアート×ミックスのイベント『おにぎりのための、毎週運動会』は、毎週土曜に旧白鳥小学校で開催されている。開会を知らせる花火に始まり選手宣誓、応援合戦など小学校で行われている運動会をそっくりそのままコンパクトに再現している。
 紅白の大きな点数板も校舎の窓に設置。サポーター『菜の花ミュージックプレイヤーズ』の太鼓とトランペットの音が場を盛り上げる。定番種目の綱引きや玉入れに加えて、三角のおにぎり形をした大玉を転がす『おにぎりコロコロ』や『借り人競走』、5人1組でつながり最後尾の人のしっぽを取り合う『ハラぺコあおむし』など独特な競技も。『借り人競走』は「体が柔らかい人」、「英語が話せる人」などの指示に該当する人を探し出し、みんなの前でそれを証明する。その通りでなければ順位降格というユニークなルールで会場は大きく盛り上がった。
 昼食は梅、鰹、昆布の3種類のおにぎりと卵焼き、鶏の唐揚げを満開の桜の下で。「敢えて普通のものを選びました。食のおいしさの本質は誰とどこでどのように食べるかにある。今回のイベントは校庭が舞台。一番おいしいのは運動会で食べるおにぎりだと思いました」と企画したアーティストのEAT&ART TAROさん。
 家族で参加していた小3の男子は「おいしい!」とおにぎりをほおばり、近所に住む60代の女性は「どれも面白かった。おにぎりコロコロはちょっと難しかったわ」と楽しそうに話した。老若男女、約80名の笑顔が校庭にあふれた。楽しい運動会の雰囲気、あなたも味わってみては?

問合せ いちはらアート×ミックス実行委員会
TEL 0436・50・1160

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る