仲間がいれば笑顔になれる

 毎月第2・3土曜の10時から12時半まで、八幡公民館で中途失聴・難聴者コミュニティーサークル『つくしの会』が活動を行っている。周囲の人とコミュニケーションをとるのが難しい、電車の車内放送が聞き取りにくいなど日常生活の悩みを互いに分かち合えればと3年半前に発足した。
 メンバーは5名の健聴者を含む40代から70代の男女16名。難聴者は補聴器や人工内耳を装着しており全く聞こえない人はいない。第2土曜は情報交換や各自の近況報告と手話の勉強会を行っている。メンバーが話した内容は市原市から派遣された要約筆記者がOHP(オーバー・ヘッド・プロジェクター)でスクリーンに書き出すので、全員がリアルタイムで話の内容を理解することができる。第3土曜は手話講習が中心で、聞こえる会員がホワイトボードを用いて要約筆記者の代わりを担っている。
 映画館の字幕有無の情報から家族の話まで手話を交えながら楽しそうに会話する皆さん。認定補聴器技能者の資格を持つ会員からは補聴器についてのアドバイスを聞くことができる。花見やハイキングなどのイベントを行うことも。
「聴力障がいは目に見えない。話すことはできるのに話しかけられても気がつかず、誤解が生じやすい。難聴者イコール手話というイメージがあるが、中途失聴者のほとんどは手話が理解できないので筆談がありがたいです」と事務局の男性は話す。「メンバーからのアドバイスを頼りに人工内耳の手術に踏み切ってよかったです」との声も。温かい雰囲気の同サークル、仲間になれば笑顔も増えるのでは。難聴会員募集中。見学OK。年会費は1800円。

問合せ つくしの会事務局
TEL 0436・62・5221
E-mail k-ten@icntv.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2016年2月から夷隅郡御宿町を拠点に活動する自主保育サークル『自然あそび・コロボックル』。現在、御宿町をはじめ勝浦市、いすみ市から1…
  2.  茂原市在住の町山哲太さん⑿は、昨年出場した『とびうお杯第33回全国少年少女水泳競技大会』の男子50mバタフライで優勝、男子200m個人…
  3. 俳画と文 松下佳紀 ある日どこから侵入したのか、机に一匹の蠅が飛んできた。本に止まった、と思うと私の頭に止まる。追い払っても舞い戻る。…
  4.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  5.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  6.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  7. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  8.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  9. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  10. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…

ピックアップ記事

  1.  2016年2月から夷隅郡御宿町を拠点に活動する自主保育サークル『自然あそび・コロボックル』。現在、御宿町をはじめ勝浦市、いすみ市から1…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る