仲間がいれば笑顔になれる

 毎月第2・3土曜の10時から12時半まで、八幡公民館で中途失聴・難聴者コミュニティーサークル『つくしの会』が活動を行っている。周囲の人とコミュニケーションをとるのが難しい、電車の車内放送が聞き取りにくいなど日常生活の悩みを互いに分かち合えればと3年半前に発足した。
 メンバーは5名の健聴者を含む40代から70代の男女16名。難聴者は補聴器や人工内耳を装着しており全く聞こえない人はいない。第2土曜は情報交換や各自の近況報告と手話の勉強会を行っている。メンバーが話した内容は市原市から派遣された要約筆記者がOHP(オーバー・ヘッド・プロジェクター)でスクリーンに書き出すので、全員がリアルタイムで話の内容を理解することができる。第3土曜は手話講習が中心で、聞こえる会員がホワイトボードを用いて要約筆記者の代わりを担っている。
 映画館の字幕有無の情報から家族の話まで手話を交えながら楽しそうに会話する皆さん。認定補聴器技能者の資格を持つ会員からは補聴器についてのアドバイスを聞くことができる。花見やハイキングなどのイベントを行うことも。
「聴力障がいは目に見えない。話すことはできるのに話しかけられても気がつかず、誤解が生じやすい。難聴者イコール手話というイメージがあるが、中途失聴者のほとんどは手話が理解できないので筆談がありがたいです」と事務局の男性は話す。「メンバーからのアドバイスを頼りに人工内耳の手術に踏み切ってよかったです」との声も。温かい雰囲気の同サークル、仲間になれば笑顔も増えるのでは。難聴会員募集中。見学OK。年会費は1800円。

問合せ つくしの会事務局
TEL 0436・62・5221
E-mail k-ten@icntv.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る