絵画と彫刻と詩のコラボレーション 市原市初『コノキ・ミクオ展』

 小湊鉄道牛久駅からほど近く、養老川を見下ろすように建つ『ギャルリ梦心房』。オーナーの新保紘子さんが作家の生き方や考え方に共感し、そして何よりも魅力的な作品であることにこだわり、約3カ月という長いスパンで展示。新保さんが入れるおいしいコーヒーとともに、ゆっくりと作品を味わうことができると人気のギャラリーだ。
 4月29日から6月8日までは、匝瑳市の松山庭園美術館の館主であり、平面から立体、そのうえ詩人として幅広い芸術活動を展開している此木三紅大さんの『何だ?ガンダ コノキ・ミクオ展』を開催中。
 市原市での個展は初めてという此木さん。今回の個展に先立ち新保さんからは、「新しいものから古いものまで、作風の異なったものをお願いした」そうで、ギャラリーには、油絵から鉄くずから生まれたガンダ彫刻、そして詩と幅広く展示されている。クスッと笑ってしまうような、ユニークな彫刻。愛ネコとともに描かれた詩。そのひとつひとつから此木さんの愛情と優しさが溢れている。
 オープン初日には、新保さんと此木さんの奥様の紀子さんによる詩集朗読会とギャラリートークが行われた。日常のちょっとした出来事も、此木さんの目を通して描かれると、ほのぼのとした気持ちになり、そういうことあるあるとヘンに納得してしまうから不思議。前半・後半にわけて行われた朗読会だが、前半は30年ほど前に出版しベストセラーになった詩集から。後半は東日本大震災以降に描いたものだという。
「30年ほど前に詩集を出して以来、詩はやめようと書いていませんでした。そうでないと絵描きではなくなってしまうように思ったからです。でも、震災があり、私は小学校5年まで福島に住んでいたので、何かもんもんとしていたとき、スケッチブックの端に詩を書いてみたのです。すると気分がよくなって、さらに情熱を持って書くようになりました。詩のいたずら書きのようなものですが、皆さんに見てもらえたらうれしいです」と此木さん。奥様の紀子さんも、「木目の壁と作品が意外に調和していて驚きました。詩と絵画、彫刻を合わせて味わってほしいですね」と話していた。

問合せ ギャルリ梦心房(金・土・日・祝11~17時オープン)
TEL 0436・92・1784

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る