最年少の乗馬上級インストラクター

 緑の山々に囲まれた広大なファーム。艶やかで美しい毛並みのサラブレッド『アビエイション』を操るのは長谷川誠さん(33)だ。常歩(なみあし)から始め、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)、左右に旋回、斜め走行や足踏み。馬場馬術競技では、これらの馬の動きの正確さと美しさを競う。何気なく見えるが、鞍からお尻を浮かすことなく手綱と脚(きゃく)、体重のバランスで馬に合図を送るのは生易しいことではない。
「力いっぱい駆ける方が馬にとっては楽。足踏みや歩幅を合わせるなど不自然な動作をいかに我慢して騎手の合図に従えるかが勝負のカギとなります」と長谷川さん。父親が経営する長谷川ライディングファーム(市内山口)でインストラクターを務める。合格者が年間2、3人という全国乗馬倶楽部振興協会認定上級指導者資格を2年前に取得。日本では最年少だ。
 他のスポーツと違い、年齢や性別による筋力差の影響は受けない。長年培った感覚と経験値がものをいうスポーツ。「人半分、馬半分。双方のコンディションが整わないと良い結果は出ない。そこが難しいところでもあり、面白いところでもあります。調子が出ない時は、お互いに助け合う。普段から乗り馴れた馬との練習が生きてきます」
 馬との出会いは3歳の時。家族で楽しめるスポーツをと両親が乗馬を始めたのがきっかけ。小学3年生で乗馬を始め、高校時代には国体の馬場馬術と障害馬術千葉県代表に選ばれた。以降、数々の著名な指導者から教えを受けながら、JRA騎手、高嶋活士(かつじ)さんの競馬学校受験を指導、合格に導くなど指導者としても活躍。5年前からは、馬事公苑での50年の調教実績と軽乗を日本に広めたことで有名な山谷吉輝(やまやよしてる)さんに師事。技術、指導力の更なる向上に励んでいる。競走馬である大きなサラブレッドで軽乗する技術は相当なもので、山谷さんから軽乗馬場馬術上級師範の認定も受けている。
「うまくいかないことの方が多いですよ。お互いの気持ちが一致しないと馬もイライラします。そういった時は冷静に対応するように心がけています」また、「こちらの意思が馬や生徒にうまく伝わって、いいパフォーマンスを共有できた時は本当に嬉しいですね」とさわやかな笑顔で話す。
 生徒を競技大会で上位に入賞させることと同ファームで生まれた子馬を技術の高い馬に育て上げることが現在の目標だ。「乗馬は子どもからお年寄りまで楽しめるスポーツ。一度体験しみて下さい」とのこと。

問合せ 長谷川ライディングファーム 
TEL 0436・50・9550
http://www.hrf.co.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る