森と戯れるまつり

 森とアート、森と音楽、森と着物。森は様々なものとうまく溶け合う。『心の制限を外し、森の中で感じるままに喜びと驚きに興じる。自然体の自分で主体的に遊ぼう』をコンセプトに、5月10日、市原市鶴舞にある西山公園でスタジオユカリウム主催の『西森森山まつり』が開かれた。
 竹で作る民俗楽器、流木で鉛筆を作るワークショップやエスニック調の雑貨店などが1本の林道脇に並んだ。入り口では民俗楽器の音が鳴り響き、子どもたちは巨大シャボン玉やハンモックに夢中。林道を抜けたつき当たりの広場では精霊が宿っていそうな杉の巨木がまつりの光景を見下ろしている。森と戯れるには絶好のロケーション。
 西アフリカ、ガンビア共和国の太鼓を叩く『アニチェ』の練り歩きでライブは幕を開けた。そして『ウォンガイボーイズ』による、やはり西アフリカの打楽器の演奏をバックに2人の女性がダイナミックな民俗踊りを披露。独特の熱いリズムと音が体に伝わり、舞台はアフリカ原住民の森と化した。かと思うと、着物姿の『鶴舞小唄』の皆さんの登場でステージの雰囲気は一転。地元小学校の運動会などで馴染みの踊りとあって、三味線の音に合わせ大人も子どもも輪になって鶴舞踊りに参加した。続いて『Aki Blake(アキ ブレイク)& Kaori』の戦前ブルース。マイクなしのボーカルとアコースティックギターの音がそよ風に乗って心地よく響いた。
 最後は市内在住のアーティスト、ユカリウムさん演出の音舞台『精霊の夜vol.10』。緑と赤の市松模様をあしらった帽子をかぶって白い布をまとい、時に激しく、時に静かに舞うユカリウムさん、アコーディオンを弾くシンイチさん、太鼓を叩くコースケさんとダンサーのヒアスさんが演じるのは『種の精霊』。様々な種が出会い、広がり、そして芽吹く様を音と動きのみで表現した。不思議な雰囲気に包まれつつ、最後には会場のみんなと一体化し、何か温かいものが心に残るパフォーマンスだった。
「舞台の東にある杉の巨木、西南北に配置した自作の木の彫刻、竹と草花で作った緞帳と森全体が舞台のセット。普段は見えないけれど見たいと思えば見えてくるもの、それが森に潜む精霊です」とユカリウムさん。「地元に住んでいるけれど、こんな素敵な森があるなんて知りませんでした」との声が多く聞かれた。森の中ではゆったりとした時間が流れ、大人も子どもも思い思いにまつりを楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る