自分だけのハンコ、作ってみない?

『版画教室 蔵書印を作る』4回シリーズが戸田コミュニティセンターで行われた。第1回目の6月12日は消しゴム印作り。9名の参加者たちは、好きな絵や文字を思い思いに消しゴムに彫り、オリジナルの印章を作り上げた。「絵手紙や暑中見舞いのハガキに押すとお洒落でしょ」と気さくに話すのは講師で陶芸家の葛(かつら)信一郎さん。関西弁で『つっこみ』を入れながらの楽しい指導に始終笑い声が聞こえていた。
 下書きしたデザインをトレーシングペーパーを用いて消しゴムに写す。文字や絵の部分を彫る白文か、それらを残して周りを彫る朱文か、外枠ありにするか否かを決めたら、三角刀やカッターナイフなどを使って彫る作業に。コツは、彫らずに残す凸面の縁を斜め外側に彫り下げてから、少しずつ垂直に近づけていくこと。最後に、押印して彫り残しがないか確認。 
 それぞれ味わい深い作品が出来上がった。苦戦していた人もいたが、「自分だけのハンコができて嬉しい」との声が聞かれた。「旅先から出すハガキに押印するのもいい。朱肉がなければ、コーヒーや紅茶の飲み残し、草をすりつぶした汁などでもひと味違ったインクになります」と葛さん。第2回目は篆刻、3・4回目はA4サイズの版画を作成した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る