全力で応援し、この夏はアルプススタンドへ

望洋高校野球部父母後援会 会長 小泉和久さん

 野球部員の保護者が会員となり、野球部を支援する父母後援会。練習試合で他校が来た時のお茶の支度、会費を出し合っての備品購入、年2回ほどのグラウンド周囲の草取りや清掃、各大会での応援や行事のサポートと、年間を通して選手たちを支える。
 今年度の会長をつとめる小泉和久さんは、甲子園出場メンバーである小泉央充投手の父。今年の千葉大会は全試合球場で応援した。「望洋にとって強豪続きの厳しい組合せでした。初戦から気が抜けず、選手たちは緊張もあったのかいつものプレイが出なかった。それでも2戦勝って、投打の調子があがってきました。私たちは先のことを考えず、目の前の一戦に勝つことを願い、全力で応援しよう!と言っていました」。
 決勝戦は前半で大量得点したことから、落ち着いて観戦。しかし9回の裏、アウトを取っていくうち感激がこみあげてきて、優勝が決定したとき、父母会席は全員大泣きになった。さらに小泉さんは完全に喉が嗄れ、知人からのお祝いの電話にもまともな受け答えができなかったという。
「今年のチームは出場メンバーに関係なく、非常に仲が良く連帯感が強い。お互いが助け合い、勝利を目指していることは、私たち親にとっても嬉しいことです。子どもたちも自宅で地道に自主トレに励むなど、努力を重ねてきました。地域の皆さんの期待に応えられるよう、頑張って欲しいと思っています」。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る