ダスキンのジェフマットでチームサポーターになろう!

 今年6月、ダスキンがジェフユナイテッド市原千葉とコラボレーションした応援マット商品の取り扱いを開始した。Jリーグのオフィシャルライセンスを取得した商品だ。
 企画開発に携わったダスキン古市場支店の山下智子さんは、家族揃ってジェフの大ファン。「最初に提案したのは去年の夏なので製作に1年近くかかった。マット売上金の一部はチームの運営費に充てさせていただきます。自分で楽しむ、ジェフの宣伝、資金面でのサポートの全てできます。地元チームをみんなで応援しましょう」と話し、マットを掲げる。
 マットのサイズは3種類あり、Lサイズは約87×147㎝、Sサイズは約72×87㎝、家庭用サイズは約60×90センチ。マットに描かれたチームのロゴマークは色鮮やかで目を引く仕上がりに。サイズごとにデザインも2、3種類あり選択可能。
 同店支店長の小泉高広さんも、「大きいほうは店舗様、小さい方はご家庭の玄関サイズ。市原市、千葉市を中心に幅広い地域からお問い合わせをいただいています。レンタル期間や料金についての詳細はお問い合わせください」と続ける。J1昇格を目指すチームを、共に盛り上げるサポーターになれるチャンス。契約者向けにキャンペーンも行っていて、先着順でオリジナルペナントプレゼントや抽選でホームゲーム観戦チケットが当たるかも。販売ではなくレンタル商品なのでご注意を。

問合せ 古市場支店
TEL 0436423366

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る