波乱万丈…里見氏  山里 吾郎

「〽雁鳴き渡る荒涼の…」。旧制安房中(現安房高)の旧校歌は、こんな歌い出しで始まる。明治34年創立という伝統校を偲ばせる75調の歌詞は「〽里見の城を照らす月」と続く。かく言う私も卒業生の一員、館山市立博物館で開催中の「里見氏の遺産」を訪ねた▼戦国大名として数奇の運命をたどった里見氏。城山公園に位置する博物館・本館では史実に基づく里見氏と館山発展の歴史、分館の館山城では江戸期に書かれた曲亭(滝沢)馬琴の長編小説「南総里見八犬伝」の資料が展示されている▼里見氏は元々、群馬県榛名町の出。関東の名門、新田氏の傍流で平安末期、源頼朝の挙兵に従ったが、鎌倉幕府の衰退とともに一旦は歴史の表舞台から姿を消す。しかし15世紀半ば戦国大名として里見義実が安房に上陸、群雄していた豪族を次々と倒し、わずか5年で安房を平定。ここから南総里見氏の新たな歴史が始まる▼その後も内乱を繰り返しながら勢力を伸ばした里見氏は上総、下総を窺いながら東京湾の制海権をめぐり対岸の小田原・北条氏とも40年にわたって抗争。この戦国期に湊町・館山は開発され海の要衝として今日の礎が築かれたという▼ただ里見氏は10代忠義の時に徳川幕府から伯耆国倉吉(鳥取県)への国替を命じられ滅亡。憂悶のうちに没した主君忠義に従い殉死した8遺臣が小説・里見八犬伝のモデルと伝えられている▼忽然と安房の国に現れ、僅か180年で没した里見氏。その波乱万丈の盛衰は、八犬伝以上の壮大な戦国ドラマを垣間見せてくれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る