房総往来

波乱万丈…里見氏  山里 吾郎

「〽雁鳴き渡る荒涼の…」。旧制安房中(現安房高)の旧校歌は、こんな歌い出しで始まる。明治34年創立という伝統校を偲ばせる75調の歌詞は「〽里見の城を照らす月」と続く。かく言う私も卒業生の一員、館山市立博物館で開催中の「里見氏の遺産」を訪ねた▼戦国大名として数奇の運命をたどった里見氏。城山公園に位置する博物館・本館では史実に基づく里見氏と館山発展の歴史、分館の館山城では江戸期に書かれた曲亭(滝沢)馬琴の長編小説「南総里見八犬伝」の資料が展示されている▼里見氏は元々、群馬県榛名町の出。関東の名門、新田氏の傍流で平安末期、源頼朝の挙兵に従ったが、鎌倉幕府の衰退とともに一旦は歴史の表舞台から姿を消す。しかし15世紀半ば戦国大名として里見義実が安房に上陸、群雄していた豪族を次々と倒し、わずか5年で安房を平定。ここから南総里見氏の新たな歴史が始まる▼その後も内乱を繰り返しながら勢力を伸ばした里見氏は上総、下総を窺いながら東京湾の制海権をめぐり対岸の小田原・北条氏とも40年にわたって抗争。この戦国期に湊町・館山は開発され海の要衝として今日の礎が築かれたという▼ただ里見氏は10代忠義の時に徳川幕府から伯耆国倉吉(鳥取県)への国替を命じられ滅亡。憂悶のうちに没した主君忠義に従い殉死した8遺臣が小説・里見八犬伝のモデルと伝えられている▼忽然と安房の国に現れ、僅か180年で没した里見氏。その波乱万丈の盛衰は、八犬伝以上の壮大な戦国ドラマを垣間見せてくれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…
  2. フォレストアドベンチャー・千葉 冒険の森のアクティビティ!  千葉市若葉区・泉自然公園内にある、フランス発の森林冒険施設。自然の立木の…
  3.  山武市のさんぶの森中央会館音楽室は、壁一面の窓から望む森の緑が美しい。この音楽室を拠点に、毎月第2・第4日曜日にコカリナの練習を行って…
  4.  市原警察署のロビーには現在、カラフルな掲示板と七夕の笹飾りが登場、来署した人たちの目を引いている。掲示されているのは市民から公募した川…
  5.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  6.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  7.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  8. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  9.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  10.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…

ピックアップ記事

  1.  時は江戸時代、夏の夜の牛久・八坂神社。ピーヒャラドンドコ祭囃子の音、行き交う若衆の活力みなぎる声、浴衣姿の祭り好きな人たちで、参道はさ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る