西広の農村公園近くで 赤・白そばの花が満開!

 市原の新たなフラワースポット、西広のそば畑の花が見頃を迎えた。休耕田で、菜の花など花を育てる活動をしている地元の有志『西広環境保全会』が、8月に種を蒔き10月はじめに満開となった。
 同会の石川松五郎さんによると、白そばの花は10月初旬頃までが見頃で、そのあと赤そばの花が見頃を迎えるとか。県外から訪れる人もいて、特に背景に小湊鉄道の列車が入れられるため、写真愛好家の姿が多い。石川さんは、そんな皆さんの要望に応え、『小湊鉄道 この付近通過時刻』を畑の近くに提示した。
 また、農村公園のあずまやの屋根の内側を、ミニギャラリーとして、この周辺の季節を彩る風景写真10点余りを展示している。散歩も気持ちよい季節。是非、可憐に咲き誇る紅白のそばの花鑑賞と、養老川を近くに眺められる公園に出かけてみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る