サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介 vol.7

石田 大介(DF)
背番号16
「小学校3年生で千葉に引っ越し、友達の誘いでサッカーを始めました。その頃から毎日ボールを追いかけ、暗くなるまで家に帰らず親に怒られていたことが懐かしいです。前所属チームは静岡産業大学。現在、市原市立京葉小学校に勤務しており子どもたちと走ったりボールを追いかけたりしている毎日です。日に日に成長していく生徒の姿を見ると嬉しいですね。家族はサッカーを温かく見守ってくれている奥さんと1歳になったばかりの息子がいます。最近、海外ドラマのプリズンブレイクにハマっています。
市原では上総更級公園が好きです。緑いっぱいの公園で息子と一緒にボールを蹴ることが今から楽しみです。今季の目標は、JFL昇格。今年こそはJFLに昇格し市原の名前を全国に広めたい。VONDS市原の元気印、石田大介を覚えて頂き、皆さんの熱い応援をよろしくお願いします」

新村 武玄(MF)
背番号47
「出身地は、生まれも育ちも東京ですが去年市原に来て、とても住みやすく大好きな町になりました。前所属チームは国士舘大学です。大学では10番をつけてプレーしていました。現在の職業は介護士をやっています。医療法人社団緑祐会梅香苑で毎日、利用者の皆様を『笑顔に元気に、勇気と希望』をお届けする仕事をしています。僕の自慢は、177㎝78㎏と海外向きな身体です(笑)腹筋に注目してください!趣味は就寝前の読書。他には旅行です。市原のお気に入りのお店は喜八というとんかつ屋さんです。雰囲気も良く、とてもおいしいお店です。現時点の目標は試合に出て、チームの勝利に貢献するのとJFL昇格です。そして市原市がもっと盛り上がるようにVONDS市原で市原のために頑張ることです!ぜひ会場に足を運んでいただき、応援をどうぞよろしくお願いいたします」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る