新たな展望
市原市スナッグゴルフ協会

「ナイスショット!」文化の森広場でのスナッグゴルフ大会の様子です。スナッグゴルフは小学生から70、80歳代まで世代を問わず「いつでも」「どこでも」「だれでも」場所を選ばず、参加して楽しむことができる手軽なスポーツです。
スナッグゴルフは「ゴルフを始める前」にという意味と「くっつく」という意味があり、スナッグフラグを目指してクラブで球を打ち、何打でくっつけられるかを競いあいます。ルールは基本的にはティショットを打ち、アプローチをしてパットをする風景はほぼゴルフと同じであります。
市原市にはたくさんのゴルフ場がありますが、若い人の利用者が減少傾向にあります。ゴルフを誰でも楽しめる生涯スポーツとして普及させるためにも、小学生のうちからゴルフ体験をさせようということで、市原市の委託を受けて昨年から市内の小学校に協会役員が出向き、指導しています。また、明神小ではクラブの時間を利用して、ゴルフの基礎を指導した後、試合形式をとりながら楽しくスナッグゴルフに取り組んでいます。
当協会も発足10年目を迎えました。年6回も大会を開催しているのは珍しいことだと、先日、日本スナッグゴルフ協会から視察がありました。今後も更なる普及を目指して努力して参ります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る