1年間『日天さま』と対峙

森章展 開催中

 市原市の鶴舞小学校近くにある『ギャラリー鶴舞窯』で、3月21日(金)~4月29日(火)までの土・日・祝日に開催されている『森章展~画家に霊感を与える鶴舞の巨樹[日天さま]~』。長生村在住の画家森章さんが、ギャラリーに隣接する池和田地区で霊木と崇められる樹齢300年はあろう巨木と対峙し、1年をかけ完成させた作品24点が展示されている。
『ギャラリー鶴舞窯』は、メキシコで陶芸専門学校を設立した陶芸家の岸本恭一さんと、NHKの国際局に勤務し、その後作家活動を続ける奥様の静江さんが、恭一さんの工房2階に6年前よりオープンさせたギャラリーだ。常時、恭一さんの作品やご夫妻が気に入った絵画が展示されているが、「毎年春と秋に、私たちが好きな地元ゆかりの作家さんをぜひ皆様にも知ってもらいたいと思い、個展を開催しています。そして訪れてくださった方とゆっくりお話しをしたいと思っています」と静江さん。
 岸本夫妻と森さんの付き合いは30年になる。県内の高校の美術教師として勤務するかたわら作品を描き続けてきた森さんは、これまで主に抽象画を描いてきたが、「一昨年の9月、巨木「日天さま」を前にして霊感を受け、この木に取り組み始めたのです。しかも修業だといって、1年間毎日長生村からバスで通ってきて、この木の幹だけを描いていました。その成果が今回の作品群になったわけです」と恭一さん。
 また同時期に『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』が開催中だが、国内外の新しい芸術の祭典に対し、「地元ゆかりの森さんの作品は地域の伝統というか、地霊を形に表現したものになっていると思います」と恭一さんは話す。そしてどちらにも足を運んでもらうことで地元が盛り上がることに期待している。

問合せ ギャラリー鶴舞窯
TEL 0436・88・3537

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る