1年間『日天さま』と対峙

森章展 開催中

 市原市の鶴舞小学校近くにある『ギャラリー鶴舞窯』で、3月21日(金)~4月29日(火)までの土・日・祝日に開催されている『森章展~画家に霊感を与える鶴舞の巨樹[日天さま]~』。長生村在住の画家森章さんが、ギャラリーに隣接する池和田地区で霊木と崇められる樹齢300年はあろう巨木と対峙し、1年をかけ完成させた作品24点が展示されている。
『ギャラリー鶴舞窯』は、メキシコで陶芸専門学校を設立した陶芸家の岸本恭一さんと、NHKの国際局に勤務し、その後作家活動を続ける奥様の静江さんが、恭一さんの工房2階に6年前よりオープンさせたギャラリーだ。常時、恭一さんの作品やご夫妻が気に入った絵画が展示されているが、「毎年春と秋に、私たちが好きな地元ゆかりの作家さんをぜひ皆様にも知ってもらいたいと思い、個展を開催しています。そして訪れてくださった方とゆっくりお話しをしたいと思っています」と静江さん。
 岸本夫妻と森さんの付き合いは30年になる。県内の高校の美術教師として勤務するかたわら作品を描き続けてきた森さんは、これまで主に抽象画を描いてきたが、「一昨年の9月、巨木「日天さま」を前にして霊感を受け、この木に取り組み始めたのです。しかも修業だといって、1年間毎日長生村からバスで通ってきて、この木の幹だけを描いていました。その成果が今回の作品群になったわけです」と恭一さん。
 また同時期に『中房総国際芸術祭いちはらアート×ミックス』が開催中だが、国内外の新しい芸術の祭典に対し、「地元ゆかりの森さんの作品は地域の伝統というか、地霊を形に表現したものになっていると思います」と恭一さんは話す。そしてどちらにも足を運んでもらうことで地元が盛り上がることに期待している。

問合せ ギャラリー鶴舞窯
TEL 0436・88・3537

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る