天然染料でオリジナルのスカーフを

 菜の花が咲き乱れる南市原で開催中のいちはらアート×ミックス。旧月出小学校で行われている『1day染色ワークショップ』では、天然染料を使った絞り染めが体験できる。
 色をつけたくない部分に輪ゴムや糸などを巻き付け、染色液に浸すことで模様を作り出す。染料に使うのは黄・緑系に染まるコガネバナの根と、赤・紫・ピンク系に染まるインドアカネの根。白い絹のスカーフを、水に浸す、火にかけた染料に浸すという作業を繰り返し、ゆっくりと染めていく。ムラができないよう、煮物を転がすように割り箸でゆらゆらさせながら染料に浸す。
 濃淡は染料の濃度と浸す時間で調整。薄い色を希望なら染料を減らし、濃い色を希望なら濃い染料で長めに。染料に一度浸したあとで発色剤を溶かした水につける。赤色に染めたい人は酢酸アルミ水溶液を、紫色に染めたい人は木酢酸鉄水溶液を使用。その後再び染料に浸すと、同じアカネを染料に用いた2つのスカーフが、みるみるうちに2色に分かれた。
 巻き付けていたゴムや糸を外すと「わぁ、すてき!」、「かわいい!」など感嘆の声が。縛った箇所が染まらずに白く残り、それぞれのオリジナルデザインが出来上がった。偶発的にできた模様が面白い。仕上げはタオルドライしたあと天日に数分かざしてふわふわに。
「天然染料は奥が深いです。同じ植物でも季節によって色が変わる。思い通りにならないところも魅力です」と講師を務めるアーティストの岡博美さん。春らしい薄いピンク色のスカーフに仕上げた女性は「天然染料に興味があって参加しました。楽しかった」と早速、笑顔で首に巻いた。天然染料を使ったあなただけの一枚、心がときめくに違いない。

問合せ・予約 岡さん
some@tsukide.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る