天然染料でオリジナルのスカーフを

 菜の花が咲き乱れる南市原で開催中のいちはらアート×ミックス。旧月出小学校で行われている『1day染色ワークショップ』では、天然染料を使った絞り染めが体験できる。
 色をつけたくない部分に輪ゴムや糸などを巻き付け、染色液に浸すことで模様を作り出す。染料に使うのは黄・緑系に染まるコガネバナの根と、赤・紫・ピンク系に染まるインドアカネの根。白い絹のスカーフを、水に浸す、火にかけた染料に浸すという作業を繰り返し、ゆっくりと染めていく。ムラができないよう、煮物を転がすように割り箸でゆらゆらさせながら染料に浸す。
 濃淡は染料の濃度と浸す時間で調整。薄い色を希望なら染料を減らし、濃い色を希望なら濃い染料で長めに。染料に一度浸したあとで発色剤を溶かした水につける。赤色に染めたい人は酢酸アルミ水溶液を、紫色に染めたい人は木酢酸鉄水溶液を使用。その後再び染料に浸すと、同じアカネを染料に用いた2つのスカーフが、みるみるうちに2色に分かれた。
 巻き付けていたゴムや糸を外すと「わぁ、すてき!」、「かわいい!」など感嘆の声が。縛った箇所が染まらずに白く残り、それぞれのオリジナルデザインが出来上がった。偶発的にできた模様が面白い。仕上げはタオルドライしたあと天日に数分かざしてふわふわに。
「天然染料は奥が深いです。同じ植物でも季節によって色が変わる。思い通りにならないところも魅力です」と講師を務めるアーティストの岡博美さん。春らしい薄いピンク色のスカーフに仕上げた女性は「天然染料に興味があって参加しました。楽しかった」と早速、笑顔で首に巻いた。天然染料を使ったあなただけの一枚、心がときめくに違いない。

問合せ・予約 岡さん
some@tsukide.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る