中南米の伝統技法を生かしたアクセサリー

 長生村在住の葛岡奈津美さん(33)は真鍮、銅を使った彫金細工やマクラメ編みを使用したアクセサリーの手作りと販売を行っている。マクラメとは、紐を結びながらレース状にし、天然石や種子などの自然素材を編み込んで作る装飾技法のこと。起源はアラビアだが、中南米の伝統技法としても知られている。
 小学生の頃からミサンガを編むなど、細かい手作業が大好きだった。武蔵野美術大学の工芸工業デザイン学科で金工を学び、卒業後、メキシコ、グアテマラなど中南米の10カ国を2年間かけて旅行した。「熱帯地方の自然界は赤・黄・オレンジなど色鮮やかな植物や生き物がいっぱい。現地の人々の衣服や装飾品も色とりどり。そんな色彩感覚を取り入れたマクラメに惹かれました」現地で教わった編み方をもとに自らの発想を加え、オリジナルのデザインを生み出している。
 編み込まれたブルーオパール、アサイーなどの天然石や種子の大半は旅行中に入手したもの。「シンプルな編み方なのに、様々なデザインが出せるところが魅力です」中南米旅行中に、現地の人々に混じって道端で行った手作りアクセサリーの販売は、客とのやり取りや買ってもらえることの喜びを体験できるとても楽しいものだった。
「続けていきたい」と、現在は『てしごと工房nuts』の屋号でネットショップや『茂原まるまるマルシェ』など地域のイベントに出店している。8月8・9・10日には御宿の『牛舎8号』で行われる『パフォーマンスフェスティバル』に出店予定。販売のほか、真鍮にオリジナルの模様をつけ、ピンバッチやヘアゴムを作るワークショップを自宅で行っている。今後は「イベントでもワークショップを増やしていきたい」とのこと。

問合せ てしごと工房nuts
http://nuts-craft.ocnk.net/product/246

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る