中南米の伝統技法を生かしたアクセサリー

 長生村在住の葛岡奈津美さん(33)は真鍮、銅を使った彫金細工やマクラメ編みを使用したアクセサリーの手作りと販売を行っている。マクラメとは、紐を結びながらレース状にし、天然石や種子などの自然素材を編み込んで作る装飾技法のこと。起源はアラビアだが、中南米の伝統技法としても知られている。
 小学生の頃からミサンガを編むなど、細かい手作業が大好きだった。武蔵野美術大学の工芸工業デザイン学科で金工を学び、卒業後、メキシコ、グアテマラなど中南米の10カ国を2年間かけて旅行した。「熱帯地方の自然界は赤・黄・オレンジなど色鮮やかな植物や生き物がいっぱい。現地の人々の衣服や装飾品も色とりどり。そんな色彩感覚を取り入れたマクラメに惹かれました」現地で教わった編み方をもとに自らの発想を加え、オリジナルのデザインを生み出している。
 編み込まれたブルーオパール、アサイーなどの天然石や種子の大半は旅行中に入手したもの。「シンプルな編み方なのに、様々なデザインが出せるところが魅力です」中南米旅行中に、現地の人々に混じって道端で行った手作りアクセサリーの販売は、客とのやり取りや買ってもらえることの喜びを体験できるとても楽しいものだった。
「続けていきたい」と、現在は『てしごと工房nuts』の屋号でネットショップや『茂原まるまるマルシェ』など地域のイベントに出店している。8月8・9・10日には御宿の『牛舎8号』で行われる『パフォーマンスフェスティバル』に出店予定。販売のほか、真鍮にオリジナルの模様をつけ、ピンバッチやヘアゴムを作るワークショップを自宅で行っている。今後は「イベントでもワークショップを増やしていきたい」とのこと。

問合せ てしごと工房nuts
http://nuts-craft.ocnk.net/product/246

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る