中南米の伝統技法を生かしたアクセサリー

 長生村在住の葛岡奈津美さん(33)は真鍮、銅を使った彫金細工やマクラメ編みを使用したアクセサリーの手作りと販売を行っている。マクラメとは、紐を結びながらレース状にし、天然石や種子などの自然素材を編み込んで作る装飾技法のこと。起源はアラビアだが、中南米の伝統技法としても知られている。
 小学生の頃からミサンガを編むなど、細かい手作業が大好きだった。武蔵野美術大学の工芸工業デザイン学科で金工を学び、卒業後、メキシコ、グアテマラなど中南米の10カ国を2年間かけて旅行した。「熱帯地方の自然界は赤・黄・オレンジなど色鮮やかな植物や生き物がいっぱい。現地の人々の衣服や装飾品も色とりどり。そんな色彩感覚を取り入れたマクラメに惹かれました」現地で教わった編み方をもとに自らの発想を加え、オリジナルのデザインを生み出している。
 編み込まれたブルーオパール、アサイーなどの天然石や種子の大半は旅行中に入手したもの。「シンプルな編み方なのに、様々なデザインが出せるところが魅力です」中南米旅行中に、現地の人々に混じって道端で行った手作りアクセサリーの販売は、客とのやり取りや買ってもらえることの喜びを体験できるとても楽しいものだった。
「続けていきたい」と、現在は『てしごと工房nuts』の屋号でネットショップや『茂原まるまるマルシェ』など地域のイベントに出店している。8月8・9・10日には御宿の『牛舎8号』で行われる『パフォーマンスフェスティバル』に出店予定。販売のほか、真鍮にオリジナルの模様をつけ、ピンバッチやヘアゴムを作るワークショップを自宅で行っている。今後は「イベントでもワークショップを増やしていきたい」とのこと。

問合せ てしごと工房nuts
http://nuts-craft.ocnk.net/product/246

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  2.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  3.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  4.  長南町の緑豊かな田園風景のなか、茅葺き屋根の古民家と周囲に咲くハナショウブ。風情ある花スポット、白井『田園』だ。「母屋は祖父が建てたもので…
  5. 『フレイル』とは健康と要介護の中間期。加齢で心身の活力が低下した虚弱状態を意味する。フレイル予防事業に取り組む市原市は3月23日、フレイル…
  6. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る