ハマボウフウを大網白里の名産に

 知る人ぞ知る海浜植物、ハマボウフウ。大網白里市の白里海岸で自生しているが、海浜の侵食と乱獲により減少しつつあるという。ハマボウフウを広く知ってもらい、保護・再生への協力を呼びかけることを目的とした『海辺の花を愛でる会』が6月末に、白里海岸付近で開かれた。主催は『大網白里まちづくりサポートセンター 街資源再興プロジェクト』。
 イベントは北今泉にある県有林でのゴミ拾いからスタート。途中、詩人の高村光太郎が綴った『智恵子抄』の碑を訪れながら、雨の中、11名の参加者たちはレインコートを着用し、ゴミ袋とトングを手に和気あいあいと清掃作業に勤しんだ。白里海岸では、僅かだがハマボウフウとハマユウの白い花、ピンク色のハマヒルガオの花を愛でることができた。いずれも満開は5月の中頃。
 清掃活動のあとは、北海道苫前郡の苫前町で栽培、出荷されているハマボウフウの葉の天ぷらの試食会が行われ、手作りのおにぎりと共に美味しくいただいた。セリ科特有の香りは酢みそ和えやペペロンチーノにも合うのだとか。
 同プロジェクトは、乱獲防止のための浜辺パトロールの他、種を各家庭へ持ち帰り、それぞれが育てる里親制度への取り組みを始めた。秋に各家庭で採取した種を白里海岸に再び蒔き、再生を目指す。全国各地で同様の取り組みが試みられており、苫前町ではハマボウフウを増やすことに成功しているが、当地域では栽培法についてはまだ模索状態。「根が1mほども伸びるからプランターより地植えがよいのではないか」、「水はけのよい土は必須」、「浜辺の草花だけあって、潮を含んだ水を与えるといいらしい」など、参加者たちは食事をしながら熱心に意見交換を行った。
「ハマボウフウを知ったのは昨年の8月。まずは現状を多くの人に知ってもらい、時間をかけて研究を重ね、増やしていけたら。里親募集中です。楽しむために、育った株の半分は家庭での食用に、もう半分は浜に戻すというのでもいいと思います」と同プロジェクトメンバーの相羽礼子さん。
 白里海岸は、30年前は辺り一面浜辺の花畑だったという。「大網白里市海岸部の原風景を子どもたちに残したい」、「『浜の山菜』とも呼ばれるハマボウフウが大網白里市の名産品になるといいね」参加者たちはハマボウフウ再生の夢について語り合った。

問合せ 大網白里まちづくりサポートセンター
TEL 0475・72・8278

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る