ハマボウフウを大網白里の名産に

 知る人ぞ知る海浜植物、ハマボウフウ。大網白里市の白里海岸で自生しているが、海浜の侵食と乱獲により減少しつつあるという。ハマボウフウを広く知ってもらい、保護・再生への協力を呼びかけることを目的とした『海辺の花を愛でる会』が6月末に、白里海岸付近で開かれた。主催は『大網白里まちづくりサポートセンター 街資源再興プロジェクト』。
 イベントは北今泉にある県有林でのゴミ拾いからスタート。途中、詩人の高村光太郎が綴った『智恵子抄』の碑を訪れながら、雨の中、11名の参加者たちはレインコートを着用し、ゴミ袋とトングを手に和気あいあいと清掃作業に勤しんだ。白里海岸では、僅かだがハマボウフウとハマユウの白い花、ピンク色のハマヒルガオの花を愛でることができた。いずれも満開は5月の中頃。
 清掃活動のあとは、北海道苫前郡の苫前町で栽培、出荷されているハマボウフウの葉の天ぷらの試食会が行われ、手作りのおにぎりと共に美味しくいただいた。セリ科特有の香りは酢みそ和えやペペロンチーノにも合うのだとか。
 同プロジェクトは、乱獲防止のための浜辺パトロールの他、種を各家庭へ持ち帰り、それぞれが育てる里親制度への取り組みを始めた。秋に各家庭で採取した種を白里海岸に再び蒔き、再生を目指す。全国各地で同様の取り組みが試みられており、苫前町ではハマボウフウを増やすことに成功しているが、当地域では栽培法についてはまだ模索状態。「根が1mほども伸びるからプランターより地植えがよいのではないか」、「水はけのよい土は必須」、「浜辺の草花だけあって、潮を含んだ水を与えるといいらしい」など、参加者たちは食事をしながら熱心に意見交換を行った。
「ハマボウフウを知ったのは昨年の8月。まずは現状を多くの人に知ってもらい、時間をかけて研究を重ね、増やしていけたら。里親募集中です。楽しむために、育った株の半分は家庭での食用に、もう半分は浜に戻すというのでもいいと思います」と同プロジェクトメンバーの相羽礼子さん。
 白里海岸は、30年前は辺り一面浜辺の花畑だったという。「大網白里市海岸部の原風景を子どもたちに残したい」、「『浜の山菜』とも呼ばれるハマボウフウが大網白里市の名産品になるといいね」参加者たちはハマボウフウ再生の夢について語り合った。

問合せ 大網白里まちづくりサポートセンター
TEL 0475・72・8278

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る