『生家解放』で今がチャンス! 伊藤左千夫のルーツは山武市にあり

 山武市歴史民俗資料館では、9月30日(火)まで伊藤左千夫の生誕150周年を祝って生家を解放している。伊藤左千夫は近代短歌の鉄人と称され、斎藤茂吉らを弟子に持つ文学者。有名な著書に『野菊の墓』がある。
 同資料館の副主幹である山口直人さんは、「この左千夫の生家は、県の指定文化財になっています。築220年と推定され、囲炉裏や納戸、便所を含めて見どころがたくさんあります。探れば探るほど面白いので、ぜひこの趣きを味わってほしい」と語る。
 伊藤左千夫は、現在の山武市殿台の生家で青春時代を過ごし、その後は都内に住まいを移した。両親と祖父母とともに4人兄弟の末っ子として左千夫が育った家からは、彼らが生きていた頃の息遣いを感じることができる。中の間には、彼の生涯を辿ったパネルも設置されている。また、家族や文豪仲間、そして都内や県内に置かれた歌碑の写真の数々。「天井付近にある槍をかける場所は、家の格を表しています。奥の間には、左千夫が勉強するときに机として使用したと思われる場所もあります」などポイント説明を聞きながらの見学が可能。より一層昔の暮らしが目に浮かぶようだ。「お茶会で使用することはあっても、こうして生家を解放するのは初めてのことです。ぜひ見にいらしてください」と山口さん。閉館日は9月22日・29日(月)の。解放時間は9時から16時30分まで。

問合せ 山武市歴史民俗資料館
TEL 0475・82・2842

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る