『生家解放』で今がチャンス! 伊藤左千夫のルーツは山武市にあり

 山武市歴史民俗資料館では、9月30日(火)まで伊藤左千夫の生誕150周年を祝って生家を解放している。伊藤左千夫は近代短歌の鉄人と称され、斎藤茂吉らを弟子に持つ文学者。有名な著書に『野菊の墓』がある。
 同資料館の副主幹である山口直人さんは、「この左千夫の生家は、県の指定文化財になっています。築220年と推定され、囲炉裏や納戸、便所を含めて見どころがたくさんあります。探れば探るほど面白いので、ぜひこの趣きを味わってほしい」と語る。
 伊藤左千夫は、現在の山武市殿台の生家で青春時代を過ごし、その後は都内に住まいを移した。両親と祖父母とともに4人兄弟の末っ子として左千夫が育った家からは、彼らが生きていた頃の息遣いを感じることができる。中の間には、彼の生涯を辿ったパネルも設置されている。また、家族や文豪仲間、そして都内や県内に置かれた歌碑の写真の数々。「天井付近にある槍をかける場所は、家の格を表しています。奥の間には、左千夫が勉強するときに机として使用したと思われる場所もあります」などポイント説明を聞きながらの見学が可能。より一層昔の暮らしが目に浮かぶようだ。「お茶会で使用することはあっても、こうして生家を解放するのは初めてのことです。ぜひ見にいらしてください」と山口さん。閉館日は9月22日・29日(月)の。解放時間は9時から16時30分まで。

問合せ 山武市歴史民俗資料館
TEL 0475・82・2842

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る