日本で働きたい若者たち

 ここ数年、深刻な労働者不足が続いている。こうした中、東南アジアの若者たちは日本での就労(アルバイトを含む)を熱烈に希望している。
 池袋にある外国人材紹介会社RIVERSTAFF代表取締役の河野匠さんは、「日本で仕事をしたい、技術を覚えたいと、意気込む素朴な若者が数多くいます。良い意味で昭和の日本人のような若者たちです。みんな根性がありますね(笑)」と話す。背景にあるのは外国人の新規流入の増加、特に顕著なのがベトナム人だ。データによると平成20年のベトナム人留学生の入国者数は607人であったのに対し、平成28年は1万7334人となっている。たった8年で28倍以上の伸び率だ。彼らのほとんどが日本での就職希望なのである。
 大げさではなくいままでの常識観念は通用しないところにきている。主力が外国人(アジア系)という企業も増えている。RIVERSTAFFは、即戦力外国人就労者の紹介事業を行っている。言葉はまだまだ未熟ながらもベトナム本国から直接日本へ若者を就労させる紹介事業も行っている。ベトナム・ハノイの日系企業と提携関係にあるからできるのだという。
 「おかげさまで食品加工会社、農業、建設業、整備会社など様々な業種の方々から相談を頂きます。皆さん一様に、外国人を雇用する、ということに不安をお持ちですが、ほとんどの方々から翌年も採用のご相談を頂きます」と河野さん。
 今後さらに増加する外国人。労働者不足に悩む方は是非ご参考に。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る