シンプルだけど奥深い 公式ワナゲに夢中! 公式ワナゲ教室【茂原市】

 茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で参加人数は7人と少人数で行われた。講師は、『日本ワナゲ協会』公認指導審判員の遠藤三郎さん。『千葉市生浜公式ワナゲ協会』で会長を務めている。
 『公式ワナゲ』は、戦後まもなく元大阪府立大学教授で『日本ワナゲ協会』初代会長の青木泰三さんの指導により、独自のルールや用具が整備されたもの。正方形の台に配置された1~9の数字の棒を目掛けて2m離れたラインから9本の輪を投げ、輪が入った下の数字が得点となる。数字は縦・横・斜めのいずれの和も15となる配列で、そのどれか1列に輪が並んだ時は15点の倍の30点を獲得。すべての棒に1本ずつ輪が入った場合は、パーフェクトで300点となる。
 毎回教室の前半には、ルールやスコアのつけ方についての詳しい講義がある。9月28日、第4回の教室ではスコアカードの記載方法について説明がなされた。参加者は2人1組で相手のゲームを見てスコア記入の練習をし、得点の計算まで行った。後半は時間が許す限り実技練習だ。1人1ゲームずつ、順番に投げていく。その表情は真剣そのもの。遠藤さんは、「両足を開いた方がいいですよ」「余分な力が入っていなくて、いいフォームですね」と声をかける。時には投輪を中断して、「あと1投、どこを狙えばいいですか。2だと1列が2つとれますね」「高得点の8点か9点に入れたいところですが、上段の9点より下段の8点の方が初心者には狙いやすいでしょう」と、ゲームの進め方についてアドバイスする。
 輪が数字に入ると「コン」といい音がする。その度に「オー」という歓声。ゴム製の輪はせっかく数字に入ってもバウンドしてしまうこともあり、今度は「あーおしい」「もったいない」と声が上がる。遠藤さんは、「まぐれで300点取れることはありません。反復練習をした人がうまくなれます」と語る。そんな遠藤さんの正確で確実な投輪は、「なんであんなに入るのだろう」と皆を驚かせる。
 矢矧茂夫さん・敦子さん夫妻と阿部栄さんの3名は、昨年度の教室に引き続き2年目の参加。勧められて普及員の資格を取得した。公式ワナゲセットを購入し、家でも練習しているとのことだ。「とにかく楽しいです。先生からもっと教えていただきたくて今年も受講しました」と阿部さん。「みんなに見られていると緊張してしまいます。無心にならなければと思っても気負いや欲が出て安定した力が出せませんが、それもおもしろい所です」と話す矢矧敦子さんは、この日の最高得点180点を出した。
 シンプルだけど面白い、魅力いっぱいの公式ワナゲ。教室は和気あいあいとにぎやかな笑い声にあふれていた。公式ワナゲに興味のある方は、遠藤さんまで問合せを。

問合せ:遠藤さん
Tel.043・262・7318

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る