竹林整備・竹炭づくりボランティア募集

千葉の里山でおもてなし
-持続可能社会に向けたボランティア活動-
<第7回 古民家活用と竹林整備ボランティア>

景観を整え、獣害を防ぐため、竹林整備や竹の活用・竹炭づくりを行います。

お昼ごはんには、竹ご飯&カレーをご用意。
古民家や天然ガス・ガス井戸の見学もできます。

ちば里山・バイオマス協議会では、
千葉県の「ボランティア参加促進事業」(委託事業)として、

千葉県内に多くある竹林が所有者の高齢化とともに荒れて景観が悪いだけでなく
獣害の原因になっていることを踏まえ、
竹林の整備に取り組んでいます。

竹炭など竹を消費することはボランティア活動でもあり、
持続可能な社会を築くためにも重要です。
整備されてきれいになった竹林では春にタケノコ堀ができるようになり、
やがて千葉県内の景観を良くしていくことにつながります。

持続可能な農村社会への理解と、県外・海外から来るお客様に、
「里山のおもてなし」ができるよう、
ちょっとしたお手伝いをお待ちしています。

【ご参考・千葉県のボランティア参加促進事業紹介ページです。】
http://www.pref.chiba.lg.jp/kkbunka/npo/sankasokushin/index.html

日 程
2018年12月17日
時 間
9:00~15:00
場 所
千葉県夷隅郡大多喜町湯倉175 「蔵の宿」

地図

 千葉県夷隅郡大多喜町湯倉175

イベント名

竹林整備・竹炭づくりボランティア募集

主催者名

千葉県(企画運営:ちば里山・バイオマス協議会)

参加費

無料

関連サイトURL

駐車場

有り

お問合わせ先

電話番号

090-4135-3060

メールアドレス

yukiko515@kca.biglobe.ne.jp

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る