ギャラリー『プロジェクト長南』が熱い

 昭和54年ごろまで使用していた金庫、昔の呼び出し電話を設置していたという小部屋のある窓口など。旧郵便局の佇まいを残したギャラリー『プロジェクト長南』(セブンイレブン上総長南店裏)がオープンした。『なーんも無い…!!はずないだろう長南町』と冠して、長南町役場と協力し活動する有志の集まり『協働交流サロン』が作りあげた拠点兼レンタルスペース。外壁や看板の塗装、稼働式の展示用壁面、洋式トイレも手作り。照明はアメリカから輸入した自然色のLEDライトという本格派。2月には陶芸家や画家による『長南町のアーティスト展』を開き、組木細工やポーセラーツのワークショップも行った。
 すでに平成24年から公民館で染物織物展や絵本展を開いたり、長南フェスティバルで地元の有機米やレンコンを紹介したりと10回以上のイベントを企画してきた。ボランティア17名は移住して町にほれ込んだ元大学教授や写真家、地元出身の教師など年齢も20代から60代までとさまざま。特技を持つ個性派揃いで、都会からのアクセスの良さ、自然の豊かさなど町の魅力を語り始めると止まらない。「国内外を旅行して故郷の良さを再発見した」という若者や結婚によって「500年以上祖先代々住んできた人たち」と家族となった女性もいる。代表の池田さんや移住10年の長谷川さんは「町の歴史、文化、食、自然などを掘り起こして町内外にアピールしたい」と話す。人口9千人足らずの町に旋風を起こす勢いだ。

問合せ 協働交流サロン
chonan.kyoudou@gmail.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る