企画・防災特集 第4回 警戒レベル4・避難勧告で全員避難!

 先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので、本格的な雨のシーズンに入るこの6月から各市町村で運用されている。今後の避難情報には、これまでの気象庁や自治体が出す情報に、より避難行動がしやすいよう、『5段階の警戒レベル』が加えられる。先週の大雨では、広島・山口・愛媛で初めて運用された。市原市ではどのように発令されるのか、確認しておこう。

◆避難するのは警戒レベル3と4
5段階の警戒レベルは次の通り。
・警戒レベル1
気象庁による早期注意情報など。災害の心構えを高める。
・警戒レベル2
気象庁による大雨や洪水注意報など。ハザードマップで避難先等を確認し荷物のチェックなど、避難に備える。
・警戒レベル3
市町村による避難準備・高齢者等避難開始の発令。避難に時間を要する高齢者や障がいを持つ方、乳幼児等とその支援者や保護者は避難を始める。その他の人は避難準備を整える。
・警戒レベル4
 市町村による避難勧告・避難指示(緊急)の発令。すぐにも避難先に避難する。移動が危険だと思われる場合(すでに道路が冠水しているなど)、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難する(水害時であれば2階など)。
◆防災行政無線での呼びかけの例
「こちらは、市原市役所です。今後、大雨により土砂災害が発生する恐れがあることから、〇〇地域に警戒レベル3、避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。お年寄りの方、体の不自由な方など、避難に時間のかかる方は、避難を開始してください。避難所は□□公民館を開設しました。避難される方は、軽食及び必要最小限のものをお持ちのうえ、避難してください」
 ただし、屋外で放送される防災行政無線は、悪天候時には雨や風の音で遮られたり、窓を閉め切っていれば聞こえにくくなる。気づかないことも多く、これが避難の遅れにつながり、近所の人や消防団の見回りなどによる声がけで、避難が間に合ったという実例も多くあるそうだ。天気予報などで危険な雨量などの注意を促されたら、市のホームページや『市原市情報配信メール』、無線の内容を聞けるフリーダイヤルなどで、積極的に情報を確認することをお勧めする。メールの登録やフリーダイヤルの番号を分かりやすい場所に控えるなど、備えを確実にしておこう。本紙防災特集第2回にも掲載したが、あらためて再度、お知らせする。
・ 『市原市情報配信メール』 メールアドレスを登録することで、随時、配信される。登録申込は
https://service.sugumail.com/ichihara/
・最新の災害情報を掲載する市のホームページ
https://www.city.ichihara.chiba.jp/index.html
・ツイッターの市の公式アカウント
https://twitter.com/ichihara_city
・防災行政無線のフリーダイヤル
TEL.0120・899・890

◆避難所の早期開設
 市では、災害から命を守るためには、早めの避難行動が大切と認識し、避難情報も早め早めに判断するという。「市としては、空振りでもOKとしています。被害が出ないことが最重要ですので、何もなければそれで良い、という考え方です」とスタッフ。前回も伝えたが、水の増加スピードは非常に速く、氾濫し始めたら数分で一気に水位が高くなる。外から水圧がかかったドアは、大人が体当たりしても開かなくなることすらある。避難情報は、移動時間の『リードタイム』を作り出すため、実際に氾濫が起こる前に発令される。大雨の時は視界も足場も悪くなり、移動にも時間がかかるので、早めに避難を開始することがもっとも大切なポイントだ。

また、これに対応して、市では避難所の早期開設も設定している。避難しやすいよう、明るいうち(遅くとも19時まで)に公民館やコミュニティセンターなどの避難所を開け、場合によっては、警戒レベル2の大雨注意報でも開けることもあるという。土日でも担当スタッフが、警戒情報などが出た後、1時間以内に開ける。昨年の台風13号のときは、11カ所の避難所を開け、37世帯・56人が避難し、幸いにも被害者が出ずに済んだそうだ。

避難所となる小中学校体育館(閉校施設含む)69カ所に関しては、市内の各町会・連合自治会の151町会でも鍵を保管している。いざというときは、町会で迅速に避難所が開設できるのだ。防災は、備えによって被害を減少させていくこと。多くの大地震・豪雨被害によって、様々な防災対策が取られている今、予測不能の事態から自分たちの身を守るために、安易な「大丈夫だろう」という考えではなく、「危険かも」という予測で、避難行動に移ることが求められている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る