素掘りのトンネル『永昌寺トンネル』

アート×ミックス取材で県道から月崎駅に向かう途中、右手に見える素掘りのトンネル。どこかで見たトンネルだと思ったら、アート×ミックス公式ガイドブックに載っていた指輪ホテルが撮影されていたトンネル。入口にある案内板によると、この将棋の駒のような形状のトンネルが造られたのは明治3(1898)年。今から116年前だ。トンネル内部は片側だけ幾つか電気がついている。長さ142メートルでまっすぐなのでトンネル出口が見えるから、安心して入ってみる。歩きながら動画を撮影中、「ここは軽自動車しか通れないだろう」とか「この電気はいつからついているんだろう」などブツブツ喋っているが、事実が即解明した!
トンネルを出て、どこに通じている道なのか、行ってみようか、どうしようか、もう夕方近いし、このあと取材を控えているしと思案にくれていたところ、前方から2人の男女の姿が。このご夫婦との出会いで、トンネル情報がゲットできた。ウオーキング中だという地元のご夫婦によると、この道がなんと!市道であり、トンネル内の電気が通り、デコボコだった内部の道を直し、水はけもよくしたのは今年に入ってからとのこと。更に、大型車は無理だが普通車なら通れるといい、しかも一通でないとか!!どこで譲り合うんだ〜と思ったが…この先に少しは道幅が広いところがあるのだろう。尚、この先は柿木台、飯給の集落にも通じており、里見駅近くの県道沿いにあるGS近くに出るという。また、トンネル名は上に位置する寺の名前からきてるそう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…
  2.  出光興産株式会社は、2019年12月14日(土)に市原市市民会館において「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」市原公演を開…
  3.  前回の防犯特集第2回で、『電話de詐欺』の手口の変遷を紹介した。今回は新しいだましの手口『カード受取型』の内容をさらに詳しくお伝えしたい…
  4.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  5.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  6.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  7. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  タピオカ、爽やかな空と生物、美しい模様など素敵な作品の数々。人の想いが表現された力作を観るのは楽しい。8月25日、南総公民館で石遊びのイ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る