広告掲載・取引基準

広告倫理基準

1 広告は、読者の生活文化を高め、利益をもたらすものでなければならない。
2 広告は、真実を語り、責任の負えるものでなければならない。
3 広告は、関係緒法規に反しないものでなければならない。
4 広告は、品位があり公序良俗に従うものでなければならない。

広告掲載規定

次の各項目に該当するものは掲載しない。
1 広告主や広告の内容が不明確で責任の所在が明らかでないもの。
2 社会秩序を乱すおそれのあるもの。
3 非科学的、または迷信に類するもので、読者に迷わせたり、不安を与える恐れのあるもの。
4 差別(人種、人権、障害者、性別)、名誉毀損、営業妨害になるもの。
5 関係諸規定に抵触、または抵触の恐れのあるもの、また例え抵触しなくても倫理に反するもの。
6 虚偽、誇大な表現で誤解を与えるおそれのあるもの。
  1)不確かな根拠で広告の主体が他のものより優位または有利であると誤認を与える表示をしたもの。
  2)許認可、保証、資格などを信用や権威づけに利用し誤認を与えるおそれのあるもの。
7 当社が広告主を支持、掲載された商品、サービス、主張などを推薦したり保証をしているかのようにとられる表現のあるもの。その他、当社の名称・題字・記事・写真などを無断で使用しているもの。
8 その他、当社が妥当でないと判断したもの。

広告掲載の責任の所在

掲載された広告の表示、内容については、広告主においてその一切の責任を負うものとする。

広告の掲載権

シティライフ株式会社の発行する情報紙に掲載を申し込まれた広告についての掲載可否の決定権は、当社にあり、かつその説明に義務を負わない。

告内容の審査

シティライフ株式会社は広告掲載の可否決定にあたり、当社広告掲載基準に基づき、審査を行う。

細  則

求人広告

求人広告は労働関係諸法に従うものでなければならない。
 1)男女雇用機会均等法を順守し、同法の主旨に反する広告は掲載しない。
 2)風俗関係の求人で、関係法規に抵触するもの。
 3)表示された内容が虚偽、誇大であったり実態とことなるもの。 
 4)求人募集をうたいながら商品の販売など他の業務を行おうとするもの。
 5)その他関係法規に抵触するもの、またはそのおそれのあるもの。

医業・病院等の広告

医業、歯科医業、病院、診療所等の広告は医療法により表示できる内容以外は掲載できない。
 1)その他関係法規に抵触するもの、またはそのおそれのあるもの。

医療類似広告

整体、療術、気功等の施術による広告の表示は「あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」「柔道整体復師法」を準用する
 1)施術法や改善例で誇大・虚偽のおそれのあるものは掲載しない。

美容医療の広告

掲載にあたり、医療法が定める規定を尊重し、広告原稿は当社が事前審査を必要とする。
 1)記事体広告は、広告内にPRまたは広告と表示する。
 2)不安感をあおったり、コンプレックスを駆り立てるような表現はしない。
 3)比較写真等で胸部等裸体の露出した写真は掲載しない。
 4)その他当社が掲載を妥当と判断しない広告は掲載しない。
 5)その他関係法規に抵触するもの、またはそのおそれのあるもの。

医薬品化粧品・健康食品等の広告

掲載にあたり、薬事法、食品衛生法が定める規定を尊重し、広告原稿は当社が事前審査を必要とする。
 1)記事体広告は、広告内にPRまたは広告と表示する。
 2)無許可、無認可、無承認のもの。
 3)その他当社が掲載を妥当と判断しない広告は掲載しない。
 4)その他関係法規に抵触するもの、またはそのおそれのあるもの。

不動産の広告

掲載にあたり、宅地建物取引業法、不動産の表示に関する公正競争規約他、関係緒法規を順守する。

通信販売等の広告

通信販売広告等は、広告に必要な表示事項として訪問販売法第8条、同施行規則7条を順守する。
 1)その他関係法規に抵触するもの、またはそのおそれのあるもの。

出資金募集等の広告

資金募集に関する広告は掲載しない。また債券類の取り立て、回収を表示する広告は掲載しない。

当社の定める広告基準

以下の広告はシティライフ株式会社の発行する情報紙には掲載しない。
 1)当社広告倫理基準に反するもの
 2)当社広告掲載規定に反するもの
 3)消費者金融広告は掲載しない。都道府県知事等が登録を受理し認可された業者においても掲載しない。
 4)映画・ビデオ・演劇等において性表現が露骨であり、公序良俗に反するもの。
 5)性風俗営業関係のもの
 6)スナック、クラブ等飲食業において特定の接待等を行う店舗のもの。
 7)在宅ビジネス、ねずみ講およびそれに類似するもの。
 8)その他当社が妥当でないと判断したもの。

当社の定める取引基準

以下の場合はシティライフ株式会社との取引は行わない。
 1)当社広告倫理基準に反する広告を掲載しようとする場合。
 2)当社広告掲載規定に反する広告を掲載しようとする場合。
 3)新規取引時に会社概要、取引確認書等の提出がされない場合。
 4)新規取引時に前入金取引ができない場合。
 5)その他当社が取引をできないと判断した場合。
改定:平成16年11月
また本基準は事前の予告なしに改定することがある。
 

医療・美容・療法等の広告について

当社広告掲載基準に基づき審査を行い掲載の可否決定権は当社にある。

細 則

◆医業・病院等

1) 「医療法」及び関係法規に明らかに抵触する内容は掲載できない。
2)局部・口腔内・読者に精神的負担を与える手術写真等の掲載は不可。
3)原色の多用他デザイン・色使いは当社掲載基準内であること。

◆美容外科・美容整形外科

1)「医療法」及び関係法規に明らかに抵触する内容は掲載できない。
2)発行ページ数に応じて広告件数を制限する。
3)1面及び最終面の掲載不可。
4)広告サイズは最大で全3段までとする。
5)比較写真・胸部や下半身等の写真は露出度等、当社審査基準内であること。
6)局部の整形等の内容は掲載不可。
7)原色の多用他デザイン・色使いは当社掲載基準内であること。

◆エステティックサロンなど施術美容法

1)「医療法」及び関係法規に明らかに抵触する内容は掲載できない。
2)発行ページ数に応じて広告件数及びサイズを制限する場合がある。
3)比較写真・胸部や下半身等の写真は露出度等、当社審査基準内であること。
4)原色の多用他デザイン・色使いは当社掲載基準内であること。

◆整体院・療術・気功など施術療法

1)「医療法」及び関係法規に明らかに抵触する内容は掲載できない。
2)比較写真・胸部や下半身等の写真は露出度等、当社審査基準内であること。
3)原色の多用他デザイン・色使いは当社掲載基準内であること。
その他当社が掲載を妥当と判断しない広告は掲載できない。
※「医療法」に抵触する表現例:「治る」「痩せる」「消える」「効く」などの断定的な文言。

補則 広告のデーター入稿について

デザイン・色使いは当社基準内であること。
1)原色・派手な色使いなど他の広告と著しくバランスを欠くもの。
2)総ベタ及び総ベタに近いデザインは1)に準じて判断する。
3)『広告倫理基準』の「品位があり公序良俗に従う」に著しく反するもの。
4)他の広告と著しく類似したもの。
5)その他
入稿データを審査し、上記に反する場合はデータ変更の依頼または掲載不可とする。

◆シティライフのご紹介  ◆発行スケジュール  ◆広告掲載料金表  ◆配布エリア  
◆掲載までの流れ  ◆広告掲載基準

紙面への広告掲載のお問い合わせは下記までお気軽に!

toi3

スタッフブログ

ページ上部へ戻る