カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • 鹿児島から千葉へ 自転車で辿る旅の思い出は宝物

    水野 翔太さん(茂原市)  茂原市在住の水野翔太さんは今年の2月に3週間かけて、九州の鹿児島県から自宅まで約1400㎞の道のりを自転車で走行するチャレンジを達成した。「大学生活最後の春休み、就職をする前に大きな挑戦…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本文化を生かす作品作りをめざす

     千葉市緑区あすみが丘在住の小野北斗さん(32)。自宅兼工房で制作しているのはレジンウッドのアクセサリーだ。『レジンウッド工房かいめら』という名称について小野さんは、「レジンウッドは木と樹脂を結合させて作ったもののことで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いちはらふるさと点描

    ~波の伊八~  市原市の真高寺を訪れた時、伊八の作品に出会った。欄間の宮彫師、武志伊八郎信由は1751年に鴨川市で生まれました。その持つ彫の技は竜の恐ろしい程の華麗さです。その他の作品との出会いも沢山あります。中で…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 季節のスケッチ

    俳画と文 松下佳紀 四季折々、月は形や色合いを変えて人に様々な印象を与える。特に中秋の月は魅力的だ。奇麗とか素敵とか人はほめたたえるが、月を眺める時間はほんの一分か二分、それで満足してしまうようだ▼私も俳人の端くれ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 花贈りを通して人々に笑顔と幸せを届けたい

    株式会社 花茂 代表取締役 大矢 みな さん  市原市と茂原市を拠点にフラワービジネスを展開する、創業70年余の老舗、株式会社花茂。代表取締役の大矢みなさん(49)は、大学在学中に市原店でのアルバイトを経て入社、店…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 市原にはシニア女性が集まれる場所が少ない。ならば自分たちでつくろう!

    料理を通じて親睦を図る会  毎月第3月曜日の10時から14時まで、国分寺台公民館調理室で、63歳から83歳のシニア女性たちが集まり料理教室を開き、調理をメインに歌や踊りなども楽しみ親睦を深めている。教室の講師を務め…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日本人の侍魂に火を付ける!? 立身流を見よ

     次世代に残したいと思う『ちば文化資産』、及び千葉県指定無形文化財の1つに定められている古武術『立身流』。剣術と居合術を中心に柔術や槍術、長刀や棒などを扱う総合武術である。「かつては福沢諭吉も晩年まで稽古を続けていたと伝…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 季節のスケッチ

    俳画と文 松下佳紀 柿が豊かに実る頃、近所を散歩しているだけで私は理想郷に入り込んだような気分になる。風景を彩るものは様々な木や草花、変哲のない田畑や山河である。桃が実っているならば正にそこは桃源郷だ。そのように、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

     You are what you eatと言う言葉が欧米にはあります。直訳すれば「貴方が食べるもの、それが貴方です。」と言ったところでしょうか?食品添加物が多く含まれたインスタントや加工食品などを毎日当たり前のように取…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ふるさとビジター館

    キンモンヒヨドリ  ヒヨドリバナ(鵯花)の葉脈が、黄色く網目状になるとキンモンヒヨドリ(金紋鵯)とも呼ばれるという。里山でよく見かけたが、斑入りは全て園芸種の逸出と思い込み素通りしていた。花を見直してヒヨドリバナと…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフブログ

ページ上部へ戻る