カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • 元国鉄マン アートに目覚める

    東日本鉄道OB会 『ロウ画の会』  「堅牢な絵肌にシンプルな線が魅力的。絵心がなくても仕上がりが立派に見えます」と話すのは『ロウ画の会』代表の高澤功さん。JRを定年退職した東日本鉄道OB会市原支部の会員のうち60…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 私は生まれ変わってもきっと、また同じ人生を選ぶ

    画家 中上清さん  現代画家の中上清さん(68)がアトリエ兼自宅を横浜から夷隅郡大多喜町へ移したのは2017年5月のこと。いすみ鉄道久我原駅からほど近く、悠々たる自然の中にひっそりと佇むアトリエ。取材日の昨年12月…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 全国でも珍しい陶器のお雛様

    『とうがね近江びな祭り』開催中  3月3日まで、東金市の道の駅みのりの郷東金にあるカフェ&リストランテとっチーノで『第二回とうがね近江びな祭り』が開催され、多くの来場者で賑わっている。  会場に展示された陶びなは…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ふるさとビジター館

    過酷な越冬!?テングチョウ  早春の日差しが降り注ぐ穏やかな日、野山に出かけると、オレンジ色のチョウを見かけることがあります。体長は2~3センチ。羽をたたんで止まるため枯葉と同化し見つけるのが困難ですが、太陽の光を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 季節のスケッチ

    俳画と文 松下佳紀 以前この欄に、私の家の下の谷田に道が出来ると書いた。まだ未舗装だが、山を切り崩し、その土砂を田に埋め込んだ広い道路が姿を現し、風景が大きく変わった。平行している昔の道はいずれ廃れてしまうだろうが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いちはらふるさと点描

    ~梨の里『フルーツ街道をゆく』~  千葉県は土壌、気象条件に恵まれ、梨の栽培面積、収穫量ともに日本一を誇ります。江戸末期に有力だった梨は『淡雪』、明治に入ると『太平』『幸蔵』が台頭、大正は一世を風靡した『長十郎』が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フィルム愛好クラブの写真展

     2月22日(木)~3月7日(水)まで、茂原市立美術館(茂原公園内)にて、毎年恒例となった長生フィルム会の写真展が行われる。同会の笈川洋会長は「デジカメ全盛の今、銀塩の素晴らしさに魅了され続けるフィルム愛好家のクラブです…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カラフルなガーベラ花摘み体験(長生郡白子町)&ニュー珍スポット『まやかし展覧会』(東金市)

     寒い季節はつい出不精になりがち。ということで、今回は暖かい花畑、大型ガラス温室で色とりどりのガーベラの花摘みをしたり、昨春オープンしたばかりの話題の珍スポット「千葉県ナンバーワン収集家の小さな博物館」をご紹介。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 亀山湖と濃溝の滝へ 大人の遠足

    茂原市レクリエーション協会  洞窟に差し込む朝日が水に映りハート型になる神秘的な風景がSNSで広まり、脚光を浴びた君津市笹の『濃溝の滝』。洞窟の下を流れる滝にカメのような岩があることから地元では『亀岩の洞窟』とも呼…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 働く人も笑うヨガ

     笑いとヨガの呼吸法で心身を健康にするラフターヨガを実践する『笑って健康をつくる会』が「元気で働くための笑う健康法」の体験会を八幡公民館で開催した。ラフターヨガインストラクターで代表の塩本京子さんは「職場の長時間勤務や人…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフブログ

ページ上部へ戻る