カテゴリー:シティライフ掲載記事

  • 自然と身体が動くような音楽を届けたい

    アフリカ太鼓 アイリカン  サンプラザ市原で練習を重ねているのは、今年結成6年を迎えたアフリカ太鼓奏者バンド『アイリカン』。リーダーの小田切英樹さん、佐藤朝子さん、土屋聡さん、石川友美さん、植村啓佑さん、吉原洋平太…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 地方都市で歌劇団結成 一流のソリストと共演

     今年2月、勝浦芸術文化交流センター・キュステホール(以下キュステ)において『カルメン』が上演された。なぜ勝浦市で歌劇が開催されることになったのか。それは平成26年勝浦市の市民ホールが新たにキュステとして開館した時、交流…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 女性の理想や憧れをぎっしり詰め込んで今にも動き出すかのような人形たち

    紙粘土人形作家 加藤紀美子さん  勝浦市の自宅の一角で創作紙粘土人形教室「メルヘンの館」を主宰する加藤紀美子さん。紙粘土人形作家としてのキャリアは33年を数え、今年2月、念願だった地元での展示会を「キュステ」(勝浦…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ゲートボールのいま

    市原市ゲートボール協会  当競技は昭和22年戦後の混乱期、子供たちのためにと北海道の一住民が戦地で見た競技を参考に発案しました。全国に普及してから70年の星霜を重ねた現在は、世界50カ国以上の国に普及し、国際大会ま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 季節のスケッチ

    俳画と文 松下佳紀 最初は《梅雨寒の畳にふれし足の裏》だった。上掲の句に変更したのは考えに考えた末だが蹠などという言葉を用いて良かったかどうか…▼俳人は常により良い句を作ることに専念しているが考えすぎて失敗すること…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ラベンダーの香りに癒されて

    4日間限定・花摘みイベント開催(能満)&『ラベンダー通り』を目指して(辰巳台)  数あるハーブの中でも、見た目良し、香り良し、料理に雑貨づくりに使われる人気モノといったらラベンダーを挙げるひとは多いだろう。また、そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 作品で自分を表現、国内外展覧会で数多くの受賞作「とうがね近江びな」作家が個展開催

    東金芸術の森 主宰 松本 展し さん  四季折々、見事な花を咲かせる木々に囲まれたアトリエ。奥に進むと現れる陶芸の窯、一面の緑に隠れるように広がる露天風呂。美しい静寂のなかで一瞬、日常を忘れる感覚を味わう。  こ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ふるさとビジター館

    モリアオガエル森の妖精  新緑の中、山の尾根道を歩いていた時、伐採され木の上をふと見ると緑色の大きなモリアオガエルがいました。山中での想定外の出会いに感激しました。モリアオガエルは、普段は森林の林床や樹上などに生息…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いつも空にいる月を想って

     5月14日(日)まで開催していたいちはらアート×ミックス2017。2013年に閉校した旧里見小学校(IAAES)で会期中毎日開催されたのは『里見100人教頭学校キョンキョン』。食・歌・地歴など様々な分野で活躍する人達が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いちはら有志の会、本の寄贈で感謝状

     東日本大震災以来、被災地のいわき市を中心に支援を継続してきた『いちはら有志の会』。毎年3月11日、いわき市久之浜で行われる追悼花供養に合わせ、鶴舞桜が丘高校の生徒が育てた花を会場に届ける支援を実施している。  さらに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフブログ

ページ上部へ戻る