カテゴリー:外房版

  • 茂原市に生きた豪農の歴史を知っている?

     3月17日(日)まで茂原市立美術館・郷土資料館で開催されている第2回テーマ展『鶴枝の豪農 高橋家の人々』。高橋家は代々、埴生郡立木村(現茂原市立木)の名主、組頭など村役人を務め、後に大地主へと成長した家柄。立木村の領主…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 茂原市を市民の力でより元気に

     昨年12月に開催された『もばら市民活動フェスタ2018』。茂原市役所市民室に11の市民活動団体が集まった同イベント。茂原市役所生活課の係長である風戸嘉幸さんは、「茂原市がまちづくり条例を施行して2年半が経ちます。現在2…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 昆虫と農業の共存に貢献

    千葉県立農業大学校准教授 清水敏夫さん  「大切なのは目の前にあることを1つずつクリアしていくこと。まだまだやりたいことはたくさんあるんです」と、少年のように目を輝かせるのは千葉県立農業大学校の清水敏夫さん(47)…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • こでまりの夢

    ~有志意成~  新年おめでとうございます。昨年も「こでまりの夢」をお読みいただきありがとうございました。今年も子育て世代の皆様のお力になれるように頑張っていこうと思います。  さて、有志竟成という言葉があります。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ふるさとビジター館

    ヤマコウバシ  里山保全された雑木林の中を歩くと、褐色の枯れ葉が纏わりついている木を見かける。クスノキ科クロモジ属のヤマコウバシ。枝を折るといい香りがするので「山香ばし」。 クスノキやクロモジ同様、香りが特徴の落…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 季節のスケッチ

    俳画と文 松下佳紀 大晦日、時計の針が零時を指す瞬間が去年と今年の分かれ目、去年今年と言う季語である。分かれ目と言ってもそこに何んの印も無い。時間は淡々と時を刻むだけ、あっという間に新年に流れ込み、二度と戻って来な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キッシュに注ぐ情熱の火は、これからも続く

    キッシュ研究家 嶋崎 裕巳 さん  茂原市在住の嶋崎裕巳さん(66)はフランスの郷土料理であるキッシュ研究家として活躍している。キッシュとはパイ生地、タルト生地の中に卵や生クリーム、チーズと共に野菜や肉を入れオーブ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シニア注目!新たな世界が広がる

    生きがいづくり&友人づくり&健康づくり 第二の人生は『千葉県生涯大学校 外房学園』で充実させよう  皆さんは、『千葉県生涯大学校 外房学園』をご存知だろうか。いつまでも若々しく、楽しく仲間づくりや知識、情報を得た…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世界を自転車で駆け抜け、五感で味わう

    木村 雄志さん  千葉市緑区在住の木村雄志さん(33)は2013年9月から2015年2月まで523日間かけて、妻の彩さんと一緒に自転車で世界を旅した。南米のペルーからスタート、アルゼンチン、ヨーロッパに渡ってからス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 趣味を越える喜びをくれた木版画

     11月8日(木)から13日(火)まで大網白里市にある大里総合管理株式会社内のギャラリーで開催されていた『小瀧理 木版画の世界と私』展。小瀧理さんは大網白里市在住で、木版画を始めて40年以上が経った。今回初めての個展だっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフブログ

ページ上部へ戻る