次世代の防犯ボランティア隊

1月10日(木)、五井会館(大ホール)で『SAVE in 市原』衣装貸与式(市原市主催)が行われ、市原市長、市原警察署長、各学校長等の関係者、学生ら59名が参加した。現在、市原市では自主防犯組織の高齢化や後継者不足など『防犯ボランティア』を取り巻く環境は厳しい状況にあり、次世代の防犯活動の担い手となるボランティアを育成することで組織の活性化や若者の規範意識、市民の防犯意識等の向上を目指している。
『SAVE in 市原』は、昨年6月11日に市原ヤング防犯ボランティア隊(仮称)として発足。市原市内の大学、特別支援学校、全高校8校の計10校の学生により、自分たちが地域の一員として安全で安心な地域社会をつくるために今出来ることから始めていこうと活動を開始した。また名称は同年9月に各校の代表者が集まり、協議を重ねた結果、学生たちが皆にボランティアをするために市原に集まるという英文の頭文字をとって『SAVE in 市原』と命名された。
当日は、千葉県及び市原市から『SAVE in市原』に貸与する活動用衣装(ベスト、帽子、腕章)が披露された。衣装とマークのデザインは生徒たちが考案し、赤を基調としたベストと帽子は、遠くから見ても目立つデザインになっている。学生の皆さん1人ずつにと佐久間市原市長からベストを、市原警察署 司関忠秀署長から帽子を受け取った学生たちは、嬉しそうな表情を浮かべていた。引き続き、市原市長から学生たちに激励の言葉が述べられ、市原警察署長からは「地域の人々が自分たちで守っていこうという気持ちにならないと安全・安心のまちづくりは難しいもの。これからも被害防止の呼びかけを続けて欲しい」と語りかけ、学生代表の帝京平成大学3年柴山知希さんは「皆と手を取り合いながら今後も活動を続け、全国に学生ボランティアの輪を広げていきたいと思います」と誓った。
終了後、JR五井駅周辺に移動し、通行者に防犯グッズやチラシなどを配布しながら犯罪被害防止の呼びかけを行った。改札付近で配布していた市原緑高校2年小出一馬君は「市原市のためにもなり、やっていて楽しいです」、『SAVE in 市原』の名称紹介をした市原市中央高校2年近藤奈央さんは「これからも呼びかけ等をしていき、市原市をより一層安全・安心になっていくよう活動を続けていきたいです」と語った。今後も各校が連携しながら、活動の輪を広げていく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る