次世代の防犯ボランティア隊

1月10日(木)、五井会館(大ホール)で『SAVE in 市原』衣装貸与式(市原市主催)が行われ、市原市長、市原警察署長、各学校長等の関係者、学生ら59名が参加した。現在、市原市では自主防犯組織の高齢化や後継者不足など『防犯ボランティア』を取り巻く環境は厳しい状況にあり、次世代の防犯活動の担い手となるボランティアを育成することで組織の活性化や若者の規範意識、市民の防犯意識等の向上を目指している。
『SAVE in 市原』は、昨年6月11日に市原ヤング防犯ボランティア隊(仮称)として発足。市原市内の大学、特別支援学校、全高校8校の計10校の学生により、自分たちが地域の一員として安全で安心な地域社会をつくるために今出来ることから始めていこうと活動を開始した。また名称は同年9月に各校の代表者が集まり、協議を重ねた結果、学生たちが皆にボランティアをするために市原に集まるという英文の頭文字をとって『SAVE in 市原』と命名された。
当日は、千葉県及び市原市から『SAVE in市原』に貸与する活動用衣装(ベスト、帽子、腕章)が披露された。衣装とマークのデザインは生徒たちが考案し、赤を基調としたベストと帽子は、遠くから見ても目立つデザインになっている。学生の皆さん1人ずつにと佐久間市原市長からベストを、市原警察署 司関忠秀署長から帽子を受け取った学生たちは、嬉しそうな表情を浮かべていた。引き続き、市原市長から学生たちに激励の言葉が述べられ、市原警察署長からは「地域の人々が自分たちで守っていこうという気持ちにならないと安全・安心のまちづくりは難しいもの。これからも被害防止の呼びかけを続けて欲しい」と語りかけ、学生代表の帝京平成大学3年柴山知希さんは「皆と手を取り合いながら今後も活動を続け、全国に学生ボランティアの輪を広げていきたいと思います」と誓った。
終了後、JR五井駅周辺に移動し、通行者に防犯グッズやチラシなどを配布しながら犯罪被害防止の呼びかけを行った。改札付近で配布していた市原緑高校2年小出一馬君は「市原市のためにもなり、やっていて楽しいです」、『SAVE in 市原』の名称紹介をした市原市中央高校2年近藤奈央さんは「これからも呼びかけ等をしていき、市原市をより一層安全・安心になっていくよう活動を続けていきたいです」と語った。今後も各校が連携しながら、活動の輪を広げていく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る