唐辛子の一連飾りを作ろう

唐辛子の一連飾りを作ろう

 3月14日(木)、菊間保健福祉センターで『唐辛子の一連飾り』講座が催された。募集人数を大きく上回る18名の応募だったが、期待に応えて全員当選となる人気ぶり。唐辛子には娘に虫がつかないようにという意味が込められている。布で作製した数個の唐辛子を一本のひもに繋げた飾りを作るこの講座は2時間半。裁縫に長けた参加者も多く、工程は和やか、かつスムーズに進んだ。
 用意するものは8×10センチと8×7センチの二種類の布と打ちひも25センチ、木綿綿と細口糸だ。出来上がりの寸法はたて約9センチ×よこ約2センチだが、大きさに規定はない。作り方は以下。
 布を上部である口布の長方形と下部である本体の逆三角形型に裁断。本体の布を中表で2つに折り、返し口を残して縫い合わせ、表に返す。口布は両端を5ミリ程折って縫い、半分に折り輪を作る。本体に縫いつけ綿を入れ、ひもを一本通して結べば唐辛子の出来上がり。間隔をあけて数個をひもに縫えば完成だ。
 布の色や柄は様々で個性が窺えた。講師の宍倉春江さんは、「物が溢れているこの時代に、気持ちに余裕を持ち手作りの温かさを知って欲しい。ぜひ完成品を自宅に飾って貰いたい」と話す。参加者も「雑談をしながらだと数倍に楽しくなる」、「これを機会に、帰りに本屋で手芸の本を買う」と大満足。お互いのお気に入りの布を交換するなど、最後のひとときまで楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る