唐辛子の一連飾りを作ろう

唐辛子の一連飾りを作ろう

 3月14日(木)、菊間保健福祉センターで『唐辛子の一連飾り』講座が催された。募集人数を大きく上回る18名の応募だったが、期待に応えて全員当選となる人気ぶり。唐辛子には娘に虫がつかないようにという意味が込められている。布で作製した数個の唐辛子を一本のひもに繋げた飾りを作るこの講座は2時間半。裁縫に長けた参加者も多く、工程は和やか、かつスムーズに進んだ。
 用意するものは8×10センチと8×7センチの二種類の布と打ちひも25センチ、木綿綿と細口糸だ。出来上がりの寸法はたて約9センチ×よこ約2センチだが、大きさに規定はない。作り方は以下。
 布を上部である口布の長方形と下部である本体の逆三角形型に裁断。本体の布を中表で2つに折り、返し口を残して縫い合わせ、表に返す。口布は両端を5ミリ程折って縫い、半分に折り輪を作る。本体に縫いつけ綿を入れ、ひもを一本通して結べば唐辛子の出来上がり。間隔をあけて数個をひもに縫えば完成だ。
 布の色や柄は様々で個性が窺えた。講師の宍倉春江さんは、「物が溢れているこの時代に、気持ちに余裕を持ち手作りの温かさを知って欲しい。ぜひ完成品を自宅に飾って貰いたい」と話す。参加者も「雑談をしながらだと数倍に楽しくなる」、「これを機会に、帰りに本屋で手芸の本を買う」と大満足。お互いのお気に入りの布を交換するなど、最後のひとときまで楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る