唐辛子の一連飾りを作ろう

唐辛子の一連飾りを作ろう

 3月14日(木)、菊間保健福祉センターで『唐辛子の一連飾り』講座が催された。募集人数を大きく上回る18名の応募だったが、期待に応えて全員当選となる人気ぶり。唐辛子には娘に虫がつかないようにという意味が込められている。布で作製した数個の唐辛子を一本のひもに繋げた飾りを作るこの講座は2時間半。裁縫に長けた参加者も多く、工程は和やか、かつスムーズに進んだ。
 用意するものは8×10センチと8×7センチの二種類の布と打ちひも25センチ、木綿綿と細口糸だ。出来上がりの寸法はたて約9センチ×よこ約2センチだが、大きさに規定はない。作り方は以下。
 布を上部である口布の長方形と下部である本体の逆三角形型に裁断。本体の布を中表で2つに折り、返し口を残して縫い合わせ、表に返す。口布は両端を5ミリ程折って縫い、半分に折り輪を作る。本体に縫いつけ綿を入れ、ひもを一本通して結べば唐辛子の出来上がり。間隔をあけて数個をひもに縫えば完成だ。
 布の色や柄は様々で個性が窺えた。講師の宍倉春江さんは、「物が溢れているこの時代に、気持ちに余裕を持ち手作りの温かさを知って欲しい。ぜひ完成品を自宅に飾って貰いたい」と話す。参加者も「雑談をしながらだと数倍に楽しくなる」、「これを機会に、帰りに本屋で手芸の本を買う」と大満足。お互いのお気に入りの布を交換するなど、最後のひとときまで楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る