市原市市制施行50周年記念 市原市の50年 第5回【全6回】2003~2012年編

市原市市制施行50周年記念 市原市の50年
第5回【全6回】2003~2012年編 

 市原の50年を振り返る第5回。今号は平成15年~平成24年です。まちの活性化を目指して官民協力の複合的な計画・施策が形になり、新しいまちづくりが始まります。      (米澤)

■平成15年(2003年)
 佐久間隆義新市長が当選。市制40周年記念式典で300人を特別表彰、記念植樹なども行われました。また10月1日を「市民の日」に制定、市民課窓口も第1・第3日曜日に開庁。
 平成通りでは市原・袖ケ浦間の椎津新田大橋、国分寺通りでは国道297号バイパスにつながる村上跨線橋が、それぞれ開通。五井駅と姉崎駅間の潮見通りで路線バスが運行。ジェフ市原はオシム監督の指揮下で年間順位3位に急浮上、全国の注目を集めました。

■平成16年(2004年)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA ジェフ市原がホームタウン広域化で「ジェフユナイテッド市原・千葉」に。モビール市との姉妹都市提携10周年で記念碑を建立、除幕式が行われました。「市民の日」記念には市役所敷地内で上総掘りの防災井戸掘削起工式を実施。三和保健福祉センター(サンハート)もオープンし、10月に起きた新潟県中越地震では、被災地援助として支援物資の輸送と人的支援を行いました。

■平成17年(2005年)
 地域の犯罪防止の拠点として、白金交番と市防犯ステーションが開所。
 8月には全国高校総体が県内で開催、市原はサッカー競技の会場に。臨海競技場では皇太子殿下が臨席し、オープンした主会場の市原スポレクパークでも熱戦が行われました。市民の日には「上総まほろば祭」が史跡上総国分尼寺跡で開催、歴史を楽しむイベントに。

■平成18年(2006年)
 3月、児童数の減少で月出小学校が閉校、最後の卒業式に。読書教育では姉崎小学校が優秀実践校として、文部科学大臣賞を受賞。
 ジェフユナイテッド市原・千葉は、Jリーグヤマザキナビスコカップで2連覇。夏のワールドカップドイツ大会では巻誠一郎選手が日本代表になりました。

■平成19年(2007年)
 佐久間市長が再選し、人口は28万人を突破。都市交流拠点づくりを目指し、市役所通り・更級通り間の広大な区域で、複合型商業施設・総合公園などの造成工事が着工。学校給食には、官民協働の市内産コシヒカリを使った「もちもちごパン」が導入されました。
 千葉県こどもの国は「キッズダム」として7月にグランドオープン。アクアライン高速バスの市原ターミナルも完成。

■平成20年(2008年)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 南総地域のコミュニティバス「コスモス南総」が試験運行を開始。ちはら台では街開き20周年で「桜祭り」を開催。市民の森では地域の人々の協力で、壮大なクリスマスイルミネーションが登場。
 モビール市との姉妹都市提携は15周年を迎え、サムエル・ジョーンズ市長訪問団が来市。子育て支援では専門施策担当の部門を独立、子ども福祉課と保育課が新設されました。

平成21年(2009年)
 市内5番目として戸田コミュニティセンターがオープンし、海づり施設は入場者数が100万人を突破。翌年のOLYMPUS DIGITAL CAMERA千葉国体開催を前にラグビー・サッカーの各競技でリハーサル大会を開催。
 秋から冬には新型インフルエンザが大流行。集団感染防止のため公共イベントが相次いで中止となる事態に。市立国保診療所は高滝小学校前に「加茂診療所」として移転開業へ。

■平成22年(2010年)
 春の選抜高校野球大会に東海大学付属望洋高校が市内初の甲子園出場。秋には千葉県で37年ぶりとなる「ゆめ半島千葉国体」が開催。市原ではサッカー、ラグビー、クレー射撃競技を実施。
 市役所通りで行われる市民まつりは第30回で最後の開催。五井駅前東地区ではプロムナードが開通、カインズモール市原がオープン。市内からの高速バスも新宿路線が開業しました。

■平成23年(2011年)
4205 3月に東日本大震災が発生。臨海部工場でガスタンクが爆発、地域住民が避難する事態に。被災地支援としては、岩手県、福島県、宮城県や県内に応援職員を派遣しました。
 佐久間市政は3期目。いちはら健康・医療相談ダイヤル24がスタートされ、市暴力団排除条例も施行。第1回「上総いちはら国府祭り」が五井駅前東地区プロムナードで開催され、8万人が集まりました。

■平成24年(2012年)
 内房線開業100周年記念でSLが運行。市役所通りと国道297号市原バイパスを結ぶ五井駅前線も全線OLYMPUS DIGITAL CAMERA開通。市総合公園の愛称が「上総更級公園」に決定し、小湊線飯給駅には「世界一大きなトイレ」が完成しました。
 ちはら台南中学校は全日本中学校陸上競技大会で優勝。ロンドンオリンピック女子体操競技で活躍した鶴見虹子選手には、市民栄誉賞が贈られました。

(写真および資料提供・市原市広報広聴課/次回は最終回・佐久間隆義市長のインタビュー) 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  2.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  3. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…
  4. 千葉市科学館(きぼーる内7F~10F)は創設13年を迎えた現在、年間を通して新たな企画を打ち出し続けている。2007年10月に、千葉市民の…
  5.  市原市南部保健福祉センター(なのはな館・牛久377の1)では、毎週水曜と金曜と日曜の3日間、健康増進室によるストレッチ教室が開催されている…
  6.  アメリカの北東部日本語教師会では、3月末に開催する「春祭り」に合わせ、2012年から東日本大震災ほか、様々な災害などで被災した日本の高校…
  7. 「夢まるふぁんど委員会」(委員長・大澤克之助千葉日報社社長)は2019年12月19日、市原市五井の五井新田自治会館で「夢まるふぁんど文化(…
  8. シリーズ10万部、コミックエッセイ&専門家コラムで人気の「それでいい。シリーズ」の続編が昨年12月に 創元社より刊行! 今回は「パートナーこ…
  9.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察でも…
  10.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

ピックアップ記事

  1. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る