4月27日 圏央道開通

4月27日 圏央道開通
3500人が開通前にウォーキング

 4月27日(土)、待ちに待った首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の東金ジャンクション(JCT)から木更津東インターチェンジ(IC)の42.9kmが開通。その開通を記念して、4月13日(土)にプレイベント『~みんなで圏央道を歩こう!~ウオーキングラリー』が開催された。開通してしまえば歩くことはほぼ無理な高速道路。約3500人が茂原北インターから茂原第二トンネルまでの往復4.8kmのウオーキングを楽しんだ。
 当日は好天に恵まれまさにウオーキング日和。10時のウオーキングのスタートを前にオープニングセレモニーが行われ、白子町や長生村の和太鼓や一宮町の東浪見甚句など、さまざまなアトラクションが披露されイベントを盛り上げた。出店ブースでは長生郡市7市町村の特産物の販売も行われ、スタートを待つ参加者の目を楽しませていた。
 会場までは茂原市役所、茂原駅、会場近くのTOTOハイリビング茂原工場からシャトルバスが運行されたが、どこもバス待ちの長蛇の列ができていたという。会場にバスが到着すると、小さな子どもからお年寄りまでが続々と降り立ち、いまやおそしとスタートを待つ中、開会式では田中豊彦実行委員会会長はじめ来賓者から、「いよいよ待ちに待った圏央道が開通する。外房全体が大きく変わろうとしている。県内外から多くの人が訪れることを期待している」と圏央道への期待あふれる挨拶が続いた。
 10時を少し回ったところで、もばら阿波おどり連友会による踊りが披露され、その後、ピストルの合図でウオーキングスタート!元気に走り出していく子どもたちを先頭に、写真を撮りながら歩き出す人、高齢のご夫婦や親子連れ、お友だちとおしゃべりしながらマイペースに歩く人と、スタート時に並んだ人たちが虹色のバルーンの下を通過するのに10分はかかっただろうか。
 高速道路は意外に歩きやすく、真っ青な空に芽吹きだした木々の緑を眺めながらのウオーキングはとても気持ちよかった。茂原北インターの大きな標識を間近で見るのは新鮮。標識の下では記念写真を撮る姿が多く見られた。親子3代で参加した女性は、「息子夫婦と孫、娘と来ました。娘は東京で暮らしていますが、今日歩くからって昨晩帰ってきたんです。天気もよくて気持ちいいですね」と、はしゃぎながら歩く孫たちに目を細めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る