みさご

みさご
遠山 あき

 小湊鉄道月崎駅の南側は、線路に沿って田んぼが広がっている。初夏になると伸び始めた若苗が、緑の香しい風を生む。その田んぼ道を辿れば梅ケ瀬に通ずる林道で、なだらかな登りになって林の中へ消えていく。この道は里見一族と関わりのある琵琶首の館へも行かれる。地図の上に次々と想像が広がって、楽しい夢も生まれてくる。
 その林道を指先で辿ると『みさご』という地名があった。ところがその辺りを地元では『やんがでえ』と言っている。『みさご』とは知らなかった。『やんがでえ』さえも意味不明の地名だ。物知りの八十歳過ぎのおじいさんに会ったので、聞いてみた。「それはやまが台ってのが本当だが、訛って『やんがでえ』って言うのさ」と、教えてくれた。でも、『みさご』の地名は分らないという。地図にあるのだからいい加減な地名ではないはずだ。
 ある日、寺へ行ったとき、住職に聞いてみた。寺の過去帳には亨保の頃からの記録があるという。戒名に付けて住所も書いてあるに違いない。「みさごとは月崎駅南方の地区一帯の地名ですよ」と住職は教えてくださった。やはり『みさご』の意味は分からないそうだ。気にかかりながら、ずっと不明のまま過ぎていた。
 動植物研究家の田中義和氏に会ったので、もしやと思って聞いたら「ああ、それは鳥の名前ですよ」と即座に教えてくれた。しかしそれがどんな鳥なのか私は知らない。さっそく鳥類図鑑で調べてみた。あった! むさぼるように写真と解説を読んだ。トビと同じくらいの大きさで川や海辺に棲み、獲物の魚を見つけると豪快に水中に飛び込んで足で掴む。羽を広げるとトビより大きいそうだ。川辺に住んでいるのに私はまったく知らなかった。その地名を誰が、何時つけたのだろう。地域ではその地名を呼ぶ人はいないし、第一、みさごの地名すら知らない人もいる。疑問はふくらむばかりだ。
 それでまた田中さんに聞いた。彼はしばらく考えていたが「きっとそのミサゴの飛ぶ姿がそこの地形に似ているのかもしれませんね」。それで、地図と飛ぶ姿を並べてみた。曖昧だが、そう言えば確かにそう見える。
 地名の謎の奥深さに感動し、地図を見る興味が一層深くなった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る