みさご

みさご
遠山 あき

 小湊鉄道月崎駅の南側は、線路に沿って田んぼが広がっている。初夏になると伸び始めた若苗が、緑の香しい風を生む。その田んぼ道を辿れば梅ケ瀬に通ずる林道で、なだらかな登りになって林の中へ消えていく。この道は里見一族と関わりのある琵琶首の館へも行かれる。地図の上に次々と想像が広がって、楽しい夢も生まれてくる。
 その林道を指先で辿ると『みさご』という地名があった。ところがその辺りを地元では『やんがでえ』と言っている。『みさご』とは知らなかった。『やんがでえ』さえも意味不明の地名だ。物知りの八十歳過ぎのおじいさんに会ったので、聞いてみた。「それはやまが台ってのが本当だが、訛って『やんがでえ』って言うのさ」と、教えてくれた。でも、『みさご』の地名は分らないという。地図にあるのだからいい加減な地名ではないはずだ。
 ある日、寺へ行ったとき、住職に聞いてみた。寺の過去帳には亨保の頃からの記録があるという。戒名に付けて住所も書いてあるに違いない。「みさごとは月崎駅南方の地区一帯の地名ですよ」と住職は教えてくださった。やはり『みさご』の意味は分からないそうだ。気にかかりながら、ずっと不明のまま過ぎていた。
 動植物研究家の田中義和氏に会ったので、もしやと思って聞いたら「ああ、それは鳥の名前ですよ」と即座に教えてくれた。しかしそれがどんな鳥なのか私は知らない。さっそく鳥類図鑑で調べてみた。あった! むさぼるように写真と解説を読んだ。トビと同じくらいの大きさで川や海辺に棲み、獲物の魚を見つけると豪快に水中に飛び込んで足で掴む。羽を広げるとトビより大きいそうだ。川辺に住んでいるのに私はまったく知らなかった。その地名を誰が、何時つけたのだろう。地域ではその地名を呼ぶ人はいないし、第一、みさごの地名すら知らない人もいる。疑問はふくらむばかりだ。
 それでまた田中さんに聞いた。彼はしばらく考えていたが「きっとそのミサゴの飛ぶ姿がそこの地形に似ているのかもしれませんね」。それで、地図と飛ぶ姿を並べてみた。曖昧だが、そう言えば確かにそう見える。
 地名の謎の奥深さに感動し、地図を見る興味が一層深くなった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2016年2月から夷隅郡御宿町を拠点に活動する自主保育サークル『自然あそび・コロボックル』。現在、御宿町をはじめ勝浦市、いすみ市から1…
  2.  茂原市在住の町山哲太さん⑿は、昨年出場した『とびうお杯第33回全国少年少女水泳競技大会』の男子50mバタフライで優勝、男子200m個人…
  3. 俳画と文 松下佳紀 ある日どこから侵入したのか、机に一匹の蠅が飛んできた。本に止まった、と思うと私の頭に止まる。追い払っても舞い戻る。…
  4.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  5.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  6.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  7. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  8.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  9. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  10. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…

ピックアップ記事

  1.  2016年2月から夷隅郡御宿町を拠点に活動する自主保育サークル『自然あそび・コロボックル』。現在、御宿町をはじめ勝浦市、いすみ市から1…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る