謎のスイーツ

謎のスイーツ

 お菓子作り教室『ミステリー・スイーツ!!』が戸田コミュニティセンターで開かれた。「身近な材料でできる面白いものを」と講師である市内の和菓子店主、土橋功和さん(49)が考えたレシピは3月27日当日まで秘密だった。
 地域の世代間交流を促す目的もあり、参加者は大人6人、子ども6人。3班にわかれ調理台ごとに『マドレーヌ』の材料を計量した。卵と同量の砂糖を攪拌し、小麦粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、塩を投入。交代で楽しそうに混ぜる小学生に土橋さんが「ここまでのタネでホットケーキが焼けるよ」と教えた。最後に溶かしバターを加え、オーブンで焼くと出来上がり。さらにマロンクリームと栗甘露煮をトッピングすると『モンブラン』に変身した。
 次に大人たちは『イチゴ大福』の皮になる求肥作りに奮闘。白玉粉200グラムを水280ccで少しずつ溶かし、砂糖200グラムもプラス。火にかけ木ベラで練ってのり状にした。それを蒸し器で20分。熱いうちに再びよく練ってコーンスターチの手粉の上に。「市原は新鮮な材料が手に入るので何でも手作り」という親子も共同作業。小分けにした求肥を平らに伸ばし、白餡、イチゴ、白餡の順にのせて丸く包んだ。ミニトマトを入れ、「意外なおいしさ」と土橋さんがイチ押しする『トマト大福』も完成。大量にできたスイーツ4種を前に「何を作るのか楽しみだった。求肥は電子レンジで作るよりモチモチ」と60代のベテラン主婦も満足そうに話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る