謎のスイーツ

謎のスイーツ

 お菓子作り教室『ミステリー・スイーツ!!』が戸田コミュニティセンターで開かれた。「身近な材料でできる面白いものを」と講師である市内の和菓子店主、土橋功和さん(49)が考えたレシピは3月27日当日まで秘密だった。
 地域の世代間交流を促す目的もあり、参加者は大人6人、子ども6人。3班にわかれ調理台ごとに『マドレーヌ』の材料を計量した。卵と同量の砂糖を攪拌し、小麦粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、塩を投入。交代で楽しそうに混ぜる小学生に土橋さんが「ここまでのタネでホットケーキが焼けるよ」と教えた。最後に溶かしバターを加え、オーブンで焼くと出来上がり。さらにマロンクリームと栗甘露煮をトッピングすると『モンブラン』に変身した。
 次に大人たちは『イチゴ大福』の皮になる求肥作りに奮闘。白玉粉200グラムを水280ccで少しずつ溶かし、砂糖200グラムもプラス。火にかけ木ベラで練ってのり状にした。それを蒸し器で20分。熱いうちに再びよく練ってコーンスターチの手粉の上に。「市原は新鮮な材料が手に入るので何でも手作り」という親子も共同作業。小分けにした求肥を平らに伸ばし、白餡、イチゴ、白餡の順にのせて丸く包んだ。ミニトマトを入れ、「意外なおいしさ」と土橋さんがイチ押しする『トマト大福』も完成。大量にできたスイーツ4種を前に「何を作るのか楽しみだった。求肥は電子レンジで作るよりモチモチ」と60代のベテラン主婦も満足そうに話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る