謎のスイーツ

謎のスイーツ

 お菓子作り教室『ミステリー・スイーツ!!』が戸田コミュニティセンターで開かれた。「身近な材料でできる面白いものを」と講師である市内の和菓子店主、土橋功和さん(49)が考えたレシピは3月27日当日まで秘密だった。
 地域の世代間交流を促す目的もあり、参加者は大人6人、子ども6人。3班にわかれ調理台ごとに『マドレーヌ』の材料を計量した。卵と同量の砂糖を攪拌し、小麦粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、塩を投入。交代で楽しそうに混ぜる小学生に土橋さんが「ここまでのタネでホットケーキが焼けるよ」と教えた。最後に溶かしバターを加え、オーブンで焼くと出来上がり。さらにマロンクリームと栗甘露煮をトッピングすると『モンブラン』に変身した。
 次に大人たちは『イチゴ大福』の皮になる求肥作りに奮闘。白玉粉200グラムを水280ccで少しずつ溶かし、砂糖200グラムもプラス。火にかけ木ベラで練ってのり状にした。それを蒸し器で20分。熱いうちに再びよく練ってコーンスターチの手粉の上に。「市原は新鮮な材料が手に入るので何でも手作り」という親子も共同作業。小分けにした求肥を平らに伸ばし、白餡、イチゴ、白餡の順にのせて丸く包んだ。ミニトマトを入れ、「意外なおいしさ」と土橋さんがイチ押しする『トマト大福』も完成。大量にできたスイーツ4種を前に「何を作るのか楽しみだった。求肥は電子レンジで作るよりモチモチ」と60代のベテラン主婦も満足そうに話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る