房総往来

房総往来
山里 吾郎

 まだ新緑がまぶしかった5月に鴨川市を訪れる機会があった。風光明媚で知られる房州の中でも陽光の輝きがひときわ強く、常に再訪を渇望させる地の一つ。古今、海の青、山の緑に魅せられた文人墨客も多い▼早朝の出発。館山道の進展で市原からもさほど遠くなく、目的だった旧友との再会は日暮れには終了。「せっかくここまで来て美味い魚を食わない手はないか」と日帰りの予定を変更して前から気になっていたすし屋ののれんをくぐった▼6時前というのに店内はぎっしり。かろうじて空いていたカウンターに座り、「おまかせ」で次々と出てくる大将の解説付き地魚に舌つづみ。美味い魚には付き物と、左党の勝手な思考で冷酒も注文した▼お店の紹介で運転代行付きの素泊まりホテルを先に予約しており、すっかり腰を落ち着けての酒食。帰り際、大将の「加藤さんが下りてくるよ」の声に振り向くと、階段から笑顔を見せたのは歌手の加藤登紀子さん。団塊の世代にとっては特別な存在でもあるマドンナとの遭遇といううれしい付録も付いてきた▼二日酔いもなく、すっきり目覚めた翌朝、嶺岡山系の一角にあるホテルの周辺を散策。頂上らしきところに「魚見塚展望台」の碑が。「かつて漁師たちが沖合に来る魚の群れを見張っていた」。上からの眺望はまさに雄大、青い海に半島や大小の島々の美しい緑が映える。白い波間、素人の目ではさすがに魚の群れまでは見つけられないが、昨夜の地魚もこの海の幸がもたらしたかけがえのない産物か—思わず納得顔になった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る