季節のスケッチ

季節のスケッチ
俳画と文 松下 佳紀

およそ三十年昔、都会から当地に移住してきた私は、緑あふれる田に純白の大柄な鳥が何羽もいるのを発見し胸が高鳴った。それは白鷺だったが、鶴に似た優美な鳥が人を恐れる様子もなく姿を見せているのが非常に嬉しかった▼白鷺は今もよく見かけるが昔と違い数が少なくなっている。現に彼らは絶滅危惧種になっているとか▼田んぼによく居るのは中鷺だが、大鷺、中鷺、小鷺の三種のうち、小鷺だけは留鳥だそうだ▼トラクターの後を追いかけるように付いていく鷺もいる。トラクターの掘り起こした土の中から出てくる虫を捕食するのだ。カラスなどが一緒なのも面白い。人間と共に様々な生き物が仲良く暮らしている姿は、いかにも平和で好ましい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る