手形をぺったん

手形をぺったん
僕たち、こんなに大きくなったよ!

 毎月第3金曜日、姉崎公民館では社会福祉協議会との共催で『子育てサロン・わくわく』が開かれている。お盆休暇を考慮して第2週目に開かれた8月9日(金)の回では、『手形をぺったん』と題して、子どもの手形を取り成長の記録を作ろうという試みがなされた。
 集まった子どもの数は約30人。おぼつかない足取りの子から、幼稚園に通う子まで年齢も様々。子ども達は赤・青・緑・オレンジの4色から好きな色を選び、スタンプ台で色づけた手足をぎゅっと紙に押しつける。初めて見るスタンプ台に戸惑う子の母親は、「嫌なのかなぁ」と最初は心配したが、数分後、綺麗に押せたときは親子で笑顔。「大きくなった時に見せてあげるのが楽しみになりました」という参加者も。用紙には手形の他に身長と体重が記入できるので記念になるだろう。
 姉崎地区社会福祉協議会の安藤久さんは、「年齢制限は特にない。いつもテーマがあって、親は相談したり話をしたり。子どもは遊具を出して自由に遊んでいる。毎回新しい子も来てくれますし、なにより親子が地域で孤立しないような目的もあります」と話す。次回は9月20日(金)10時半から開催で、テーマは『幼児の食事とおやつ』について。

問合せ 姉崎公民館
TEL 0436・61・0124

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る