シニア世代のスマホ体験レポート

シニア世代のスマホ体験レポート

 9月3日(火)、シニア向け講座(60歳以上)『スマホを楽しむ』(五井公民館主催)が開催されスマホ(高機能携帯電話)の基礎知識や活用法などを24名が学んだ。当日は各受講者にスマホが1台ずつ貸し出しされ、講師のKDDI株式会社環境推進室マネージャー山形豊さんの説明後に各自が操作を行った。電話の使い方、タッチパネル操作方法や写真撮影の仕方などを体験し、その便利さに会場から驚きの声があがった。
 終了後に実際体験してみての感想を参加者に聞いてみた。既にスマホを持っている男性は「スマホを子どもと一緒に買いに行ったが、まだ使い方がよくわからなかったので参加。今回参加してわからない所がわかりとても勉強になった。特にアプリの取り方、ネット検索の仕方などの使い方が理解できました」と語り、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)を利用している女性たちは「スマホがどういうものか興味があり参加。実際に手にして学べたので使い方がよくわかり凄く楽しかったです」、「使いこなせるか不安で参加。面倒な文字入力が音声で手軽にできるのには驚きました」、「興味があり参加。いろんな機能があり瞬時に自分の欲しい情報を取り出すことができ便利。写真や動画機能も手軽に使えるのが良かったです」とのこと。
 家でPCを使っている女性は「周囲の人が皆持っていたので参加。持ち歩け外出先でもPCと同じようにネットが使えるのが便利。料理のレシピもすぐに取り出せ、困ったときにも役立ちそう。いろいろと学べて面白かったです」と実際に使ってみてスマホの便利さや楽しさを実感した人が多かったようだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る