心に染み入る昔話

心に染み入る昔話

 9月20日、三和コミュニティセンターで市原の民話を語る『どんぐり座』による『ふるさとの民話を楽しむ』が開催された。語り部の大澤龍雄さん、大澤和子さんと矢田部貞男さんが歯切れのいい市原弁で聞き手を惹きつけた。市原に伝わる昔話をお年寄りから聞いたり、新聞などの記録媒体をベースに書きためていったものを語り続けて8年になる。古代、櫟の木がたくさん繁茂していた市原は櫟い原(いちいのはら)と呼ばれていた。櫟の木に実るどんぐりに因んで『どんぐり座』と命名したとか。市内小学校や公民館等で語りを披露しているほか、市立国分寺台小学校の民話クラブの指導に協力しており、時には小学生が語り部として参加することもあるという。
 今回の民話は大正時代に編纂された『市原郡誌』の中から、養老川の堰として板羽目を設置することに成功した石原五六郎、東京から市原の山村へ出てきたイシ子の苦労話を描いた『ピストルを抱いた若妻』など、五人の生き様についての伝記シリーズ。「身近な民話なので、話を聞いた後ですぐにでもその場に行き、時代背景を思い浮かべることができます」と大澤和子さん。
 心に響く素晴らしい話術に会場からは満場の拍手が。大澤和子さんはいちはらFMでも民話の語りを行っている。『どんぐり座』で一緒に語ってくれる仲間を募集中だそう。

問合せ 大澤さん
TEL 0436・21・7538

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る