心に染み入る昔話

心に染み入る昔話

 9月20日、三和コミュニティセンターで市原の民話を語る『どんぐり座』による『ふるさとの民話を楽しむ』が開催された。語り部の大澤龍雄さん、大澤和子さんと矢田部貞男さんが歯切れのいい市原弁で聞き手を惹きつけた。市原に伝わる昔話をお年寄りから聞いたり、新聞などの記録媒体をベースに書きためていったものを語り続けて8年になる。古代、櫟の木がたくさん繁茂していた市原は櫟い原(いちいのはら)と呼ばれていた。櫟の木に実るどんぐりに因んで『どんぐり座』と命名したとか。市内小学校や公民館等で語りを披露しているほか、市立国分寺台小学校の民話クラブの指導に協力しており、時には小学生が語り部として参加することもあるという。
 今回の民話は大正時代に編纂された『市原郡誌』の中から、養老川の堰として板羽目を設置することに成功した石原五六郎、東京から市原の山村へ出てきたイシ子の苦労話を描いた『ピストルを抱いた若妻』など、五人の生き様についての伝記シリーズ。「身近な民話なので、話を聞いた後ですぐにでもその場に行き、時代背景を思い浮かべることができます」と大澤和子さん。
 心に響く素晴らしい話術に会場からは満場の拍手が。大澤和子さんはいちはらFMでも民話の語りを行っている。『どんぐり座』で一緒に語ってくれる仲間を募集中だそう。

問合せ 大澤さん
TEL 0436・21・7538

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る