砥石で抜群の切れ味に

砥石で抜群の切れ味に

 包丁の切れ味がイマイチ。でも何とかごまかして使っている…そんな人も多いのでは?9月26日、菊間コミュニティセンターで開かれた『研ぎ方教室』では、男女13名の参加者が砥石を使った包丁の研ぎ方を学んだ。講師は市内在住の矢野來さん。学校や公民館などで包丁研ぎのボランティアを行っている。
 砥石は水に浸し、動かないように濡れタオルを敷いた板の上に乗せる。砥石には荒砥、中砥、仕上げ砥の3種類がある。普段の手入れには中砥で充分だが、荒砥で研ぎ、中砥で仕上げると簡単にできる。刺身包丁などには仕上砥を使うとさらに鋭い切れ味になるという。研ぐ際に出る砥石の粉も研ぐ役目を果たしてくれるので頻繁に流してしまわないこと。「それぞれの包丁の刃に合わせて角度をつける。力を入れすぎないように。何度もやって体で覚え、コツをつかむことですね」と矢野さん。うまく研げているかどうかはトントンと軽く爪に当ててみる。研げていないとすべる感じがある。
 前半は「難しい」「角度がよくわからない」と雲をつかむような状態だった参加者も、慣れてきた後半にはシャーッ、シャーッと小気味のいい音を調理室に響かせていた。研いだ包丁の刃を触って「ザラっとした刃返りがとれた。早くトマトでも切ってみたい」と参加者は満足した様子だった。
 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る