とっても簡単 おいしいコーヒーの入れ方のコツ

 10月15日(火)、ちはら台コミュニティセンターで『ちはらアラカルト コーヒーを楽しむ』講座が開催された。仕事の合間、朝のひととき、毎日コーヒーを口にする人が珍しくないだろうが、その中でどれほどの人が豆の抽出に力を入れているだろうか。
「コーヒーはキリマンジャロ、ケニア、ブルーマウンテンなど種類が様々。コーヒーの味は生豆に熱を加える焙煎という作業の過程で起きる化学変化によって形成される。熱量と時間、その度合いによる煎り方で酸味や苦みなど味に大きな傾向が生まれます」と説明するのは千葉市おゆみ野南で自家焙煎店を営む本かおりさん。
 では、おいしいコーヒーの入れ方はどういう手順か。「基本的に1、2杯分を入れる時間は1分前後。まず挽いた粉をペーパーフィルターに投入し、粉が平らになるように軽くドリッパーを揺する。お湯の温度は85度から90度、粉に充分浸み込む量のお湯を注ぎ20秒ほど蒸らす。ここで味が決まると言っても良いほど重要」と本さん。
 ふんわりと膨らんだ粉を見つめて、参加者は感嘆の声を漏らす。「昔あこがれた喫茶店の香り」、「いつもと匂いまで違う」と話しながら『の』の字を書くように内側へ6回転、外側へ6回転と湯を注ぐ。勿体ないからと思わずに、注いだ湯の表面がへこみきらないうちにドリッパーを外すのは、良い部分だけを抽出したいから。「お湯はなるべく近くからそっと置くように」と本さんのアドバイスを受けながら、参加者は何度も異なる種類のコーヒーを入れては味比べを楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る