とっても簡単 おいしいコーヒーの入れ方のコツ

 10月15日(火)、ちはら台コミュニティセンターで『ちはらアラカルト コーヒーを楽しむ』講座が開催された。仕事の合間、朝のひととき、毎日コーヒーを口にする人が珍しくないだろうが、その中でどれほどの人が豆の抽出に力を入れているだろうか。
「コーヒーはキリマンジャロ、ケニア、ブルーマウンテンなど種類が様々。コーヒーの味は生豆に熱を加える焙煎という作業の過程で起きる化学変化によって形成される。熱量と時間、その度合いによる煎り方で酸味や苦みなど味に大きな傾向が生まれます」と説明するのは千葉市おゆみ野南で自家焙煎店を営む本かおりさん。
 では、おいしいコーヒーの入れ方はどういう手順か。「基本的に1、2杯分を入れる時間は1分前後。まず挽いた粉をペーパーフィルターに投入し、粉が平らになるように軽くドリッパーを揺する。お湯の温度は85度から90度、粉に充分浸み込む量のお湯を注ぎ20秒ほど蒸らす。ここで味が決まると言っても良いほど重要」と本さん。
 ふんわりと膨らんだ粉を見つめて、参加者は感嘆の声を漏らす。「昔あこがれた喫茶店の香り」、「いつもと匂いまで違う」と話しながら『の』の字を書くように内側へ6回転、外側へ6回転と湯を注ぐ。勿体ないからと思わずに、注いだ湯の表面がへこみきらないうちにドリッパーを外すのは、良い部分だけを抽出したいから。「お湯はなるべく近くからそっと置くように」と本さんのアドバイスを受けながら、参加者は何度も異なる種類のコーヒーを入れては味比べを楽しんだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る