ふるさとビジター館

ふるさとビジター館
鮮やかな黒の実 トキリマメ

 寒さも深まったとある休日。里山には鮮やかなトキリマメの黒光りする実、ムラサキシキブやヤブムラサキの紫色の実、葉や花から柑橘系の独特な香りがするカントウカンアオイ、楊枝の材料になるクロモジなど、自然の色彩の豊かさに感動するほど美しい木の実や香り豊かな植物がありました。それらの中から今回はトキリマメについて書かせていただきます。
 トキリマメは山野に生えるつる性の多年草で花の時期は7~9月です。タンキリマメとよく似ていますが、トキリマメは子葉がやや大きくて薄く、先端が急に細くなっています。子葉の幅はタンキリマメが中央より上が最も広く、トキリマメは下半分が最も広いです。また葉や茎の毛はタンキリマメより少なく、萼は萼筒より短いのも特徴です。
 タンキリマメの名は種子を飲むと痰が切れるという俗説から来ていて、トキリマメよりよく知られているようです。トキリマメの名前の由来ははっきりしていません。観察に行ったときはほとんどの豆がはじけ、きれいな黒い種子がたくさん見えていました。赤色や黒色は鳥が「おいしそう」と思う色だそうです。
 トキリマメは明るい雑木林の縁に生えています。そのため目に付きやすく身近な植物ですが、草刈り等によって刈られやすく無くなりやすい植物でもあります。里山は人の手によってつくられるものです。しかし、自然の山野と同じく植物や環境には役割があり植物は自然に住み分けをしています。久しぶりに訪れた里山は適度に手入れがされており素朴な美しさを見ることができました。
 この里山を保全しているグループの一人の方から、里山は手入れをする際、外来種や下草などの刈るべき植物と刈らずに残して保全する植物を正確に判別すること、また自然の住み分けを邪魔しないように単一な環境にしないことが大切と学びました。私も里山の環境はとても好きですが、維持管理する大変さを改めて知りました。
ナチュラリストネット/岡島 亜純

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る